ワイン:テンプラニーリョの繊細さを発掘する

テンプラニーリョワインの購入を拒否する友人がいます。リオハ、リベラデルドゥエロ、トロはありません。私は何度も火傷を負ったと彼女は言います。何が得られるのかわかりません。何度も私は私の食べ物を圧倒する何かを手に入れます、さもなければそれはオークジュースのような味がします。

私はたまたまテンプラニーリョが大好きなので、それを聞くのは辛いです。しかし、人々がスペインワイン、特にテンプラニーリョについて話すとき、会話はほとんどすぐに木の問題に変わります。もちろん、私がオークが好きではないと言うことは、高アルコールワインが好きではない、またはロバートパーカーが嫌いであると言うのと同じように、最近の愛好家へのファッショナブルな近道です。それでも、この場合、私は私の友人に共感することができます。

事実、ダラ・モスコウィッツ・グラムダールが彼女の優れた本で述べているように、スペイン人はオークワインが大好きです。 これを飲む:シンプルなワイン (Ballantine、2009):なぜですか?おそらくフランス人がアニスを愛しているのと同じ理由で、ニューオーリンズの人々はルーのローストフラワーの味を愛し、タイ人はコリアンダーを愛しています。世界の人々の中で、スペイン人はオークの味を最も愛していますか?はいと思います。



私の友人とは異なり、オークが繊細でバランスが取れている限り、私はひざまずくアンチオークではありません。しかし最近、私はテンプラニーリョに対する彼女の批判的な姿勢を挑戦として受け止めました。過去数か月の間に、たとえば、カスティーリャイレオンの近隣地域であるトロ(テンプラニーリョはティントデトロと呼ばれます)とリベラデルドゥエロ(ティントフィノと呼ばれます)に少し夢中になりました。

テンプラニーリョについて私に違った考えをさせたワインは、ダマデトロ2009テンプラニーリョのボトルでした。トロのワインはとても大きいので、ナイフとフォークで食べるべきだという古いことわざがあります。一方、これは私が今までに味わった最初の無垢のトロであり、信じられないほど強烈で、ほとんど野蛮で、野生の純粋で活気のある果物でいっぱいでした。オークジュースとは正反対です。ああ、それは約15ドルかかりました。カスティーリャイレオンで何が起こっているのかをさらに探求する時が来ました。

テンプラニーリョのワインはエレガントで新鮮ですらあります。 (Deb Lindsey / FOR TEQUILA)

私が味わったダマ・デ・トロは、若く、または若く分類されます。つまり、ワインはオークと接触していません。ここでは、あまり冗談やローブルは見られません(つまり、オークで数か月しか過ごしていません)。私たちが主に目にするのは、クリアンザ(樽で少なくとも1年、瓶でもう1年熟成)またはレゼルバ(3年熟成、樽で少なくとも1年熟成)です。多くの場合、これらのより長い熟成のワインはすぐに飲む準備ができていないため、ほとんどのワインを飲む人にはない忍耐が必要です。ニューヨークのCasaMonoとBarJamonのワインディレクターであるAshleySantoroは、リリースされたときはとても巨大だと言います。彼らは成長するのに時間が必要です。

Vega Sicilia(1864年から)やVina Sastreなど、リベラデルドゥエロの象徴的で切望されているブランドが大金を投じています。たとえば、見事なベガシシリアユニコは、1本あたり約400ドルで販売されています。私はVinaSastre 2006 Pesus(最近の記憶で味わった中で最高のものの1つ)を味わい、750ドルで販売されていると言われたときに窒息寸前でした。

幻想的な数の他に、約25ドル以下で手に入る優れたリベラデルドゥエロワインがたくさんあります。モンテカストロ、アレハンドロフェルナンデス(ティントペスケラとコンダドデハザを作る)、エミリオモロなどの高品質の生産者に固執すれば、間違いはありません。これらの生産者と共に、オークは果物を紹介するためのフレームとして機能します。

リベラデルドゥエロは比較的確立された地域であり、250以上のワイナリーがありますが、トロはまだ成長を続けています。トロは世界でトップの地域の1つになる可能性があると、7月に地区とメリーランドで利用可能になるダマデトロのプロデューサーであるマヌエルファリーナは主張します。

私は同意しません。トロには、どこにでも最も古いブドウの木がいくつかあります。 19世紀のフィロキセラの流行を生き延びた樹齢100〜120年のブドウ園を見つけることは珍しいことではありません。古いブドウの木は、この地域に多くの新しい生産者を引き付けました。トロD.O. 1987年に始まった、生産者は6人だけでした。 25年も経たないうちに、50近くになります。

Vega Siciliaも、Pintiaのラベルでここでワインの生産を開始しました。しかし、トロの象徴的なブランドは、批評家の最愛の人であるヌマンシアであり、そのトップボトルであるテルマンシアは200ドルと95以上のスコアを獲得しています。しかし、ヌマンシアの強烈でエレガントなテルメスは、25ドルで絶対に盗みます。

Piedra、Dominio del Bendito、Volvoretaなどの新しい生産者もいます。ヴォルヴォレタで、26歳のマリアアルフォンソは、テンプラニーリョが何であるかという私たちの通常の概念に反する、素晴らしく新鮮でジューシーなミネラルワインを生産する彼女のオーガニックプラクティスでスペインの全国生物多様性賞を受賞しました。

彼女のワインは今年後半にこの地域で販売される予定です。私が家にいる友人のためにそれらの1つを注いだ場合、私は彼女が何を言うかを正確に知っています:これはおそらくテンプラニーリョではありえません。そうですね。

Wilsonは、Boozehound:On the Trail of the Rare、Obscure、and the Overrated in Spirits(Ten Speed、2010)の著者です。 Twitterで彼をフォローしてください: twitter.com/boozecolumnist 。ワインコラムニストのデイブ・マッキンタイアが来週戻ってきます。