スペインのブランデーの試飲は彼らの壮大さを明らかにします

酒屋の棚にはたくさんの派手なボトルがありますが、おそらくスペインのブランデーほど孔雀をする人はいないでしょう。

良いブシドコーヒー

あなたは確かに私が話しているボトルに気づいたでしょう—たとえほとんどのアメリカ人のように、あなたはそれを一度も購入したことがないとしても。ほとんどのスペインのブランデーには、きらびやかなゴールドのアクセントが付いた深紅色またはカナリアイエローのラベルが付いています。ライバルが複雑な偽金のパターンをスポーツしている間、1本のボトルはかわいいリボンを身に着けています。いくつかはそれらに貼られた堂々としたワックスシールを持っています。ルネッサンスフェアスタイルのフォントでの存在を発表する人もいます。法廷での名前もあります:Carlos I、Cardenal Mendoza、Gran Duque d’Alba。

おそらく悲しいことに、私はフィリップIVのフリルカラーの廷臣ではないので、何年もの間、これらのブランデーグランデの進歩をほとんど無視していました。しかし、アメリカの酒飲みにブランデーの喜びを広めるための個人的なキャンペーンの一環として、私はいくつかの派手なボトルを開けることに決めました。



私の唯一の失望は、そうするのをとても長く待っていたことです。

ブランデーは深く、豊かで、青々としていて、すぐに好感が持てました。コニャックなどの有名なフランスのブランデーからの魅力的な転換です。 アルマニャック とカルヴァドス。

ブランデーデヘレスは安いコニャックだと人々は思っていますが、そうではありません。最近の訪問でヘレスのゴンサレスビアスのセラーを案内してくれたクレアヘンダーソンは、まったく別のブランデーだと言いました。

スペインのブランデーは適切にブランデーデヘレスと呼ばれ、フランスのブランデーと同様に、指定された地域でのみ生産できます。 Brandy de Jerezは、シェリー酒が作られるのと同じ場所であるアンダルシアの都市ヘレス周辺から来ています。実際、ブランデーはシェリー樽で熟成され、同じソレラシステムを使用します。これは、熟成するにつれて若いブランデーが古いブランデーに追加される連続した樽を含む慎重に調整されたプロセスです。若いブランデーはより成熟した精神の特徴を引き継ぎ、古いワインは新鮮さと活力を保持します。

3年以上経過している場合は、ソレラレゼルバと呼ばれます。 10年以上経過した場合、それはソレラグランレゼルバと呼ばれます。

ほとんどのブランデー・ド・ヘレスは、世界で最も植えられているワイン用ブドウと言われているニュートラルなアイレンブドウで作られています。時々ペドロ・ヒメネスのブドウを少し加えて、甘さと強さを与えます。

市場に出回っている約8つのレゼルバとグランレゼルバの瓶詰めを味わいました。私はそれらを非常に楽しんでいましたが、私は精神評論家のF.ポールパカルトに同意する必要があります。繊細さはジェレスのブランデーマンのミドルネームではありません、彼は彼の権威ある2008年のガイドに書いています、 キンドレッドスピリッツ2 。これらは、大きな食事の後に最適なフルフレーバーのブランデーです。

私はまた、グランレザバが40ドルを超えるほど高価であることに驚きました。それでも、レーズンと焦げたキャラメルの濃くて濃厚な味わいのカーデナルメンドーサ($ 43)が本当に好きでした。そして、グラン・デュケ・ダルバ($ 45)は美しく、熟した果実と糖蜜のクリーミーなノートとシェリー樽のヒントを備えた巨大なブランデーでした。

しかし、私のお気に入りのテイスティングはレパントでした。これも最も高価でした($ 50)。アイレンの代わりに、レパントはシェリー酒と同じパロミノブドウを使用しています。その結果、より明るく、より栄養価が高く、より複雑なブランデーが生まれました。

私はまた、特にサイドカー、フィービ・スノウ、メトロポールなどのコニャックカクテルの代替品として、より安価な瓶詰めの1つであるFundador($ 18)が好きでした。 (おそらく当然のことながら、より高価なブランデーはさらにうまく機能します。)

アメリカでは火事になったことはありませんが、ブランデー・デ・ヘレスはアルマニャックよりも世界中で多くのボトルを販売しています。かつてのスペインの植民地であったフィリピンは、メキシコと同様に巨大な市場です。

米国では、法律により、ブランデーは少なくとも40%のアルコール、または80プルーフでなければなりません。つまり、輸出用に作られたブランデー・ド・ヘレスは、実際にはスペインで生産されたものよりもわずかに証明が高く、アルコールは約36〜38パーセント(72〜76証明)です。わずかなマージンのように見えますが、精神的にはそれは大きなスパイクです。

私のテイスティングのブランデーの1つは、76プルーフの瓶詰めでした。それは、シェリーの生産者であるグティエレス・コロシアから持ち帰ったエルカノです。チョコレートとレーズンのノートがたくさんあり、バランスが取れていたので、80プルーフのエクスポートバージョンが最高の表現であるかどうか疑問に思いました。今のところ、とにかく、私たちアメリカ人はいつものように大きくならなければならないでしょう。

結局、ブランデー・デ・ヘレスは、少し頑張るあなたの仲間のようなものです。派手な時計とばかげたゴールドチェーンとケルンが多すぎるもの。しかし、どういうわけか、彼はそれをやってのける。誰もが彼を愛しています。

WilsonはBoozehoundの作者です。で彼に従ってください twitter.com/boozecolumnist

レシピ

リトルマドリッド