味が変わると、ベテランのアメリカ人ワイン醸造業者がしっかりと持ちこたえます


ケイマス・ヴィンヤーズでは、チャック・ワグナーが、他のワインメーカーがよりスリムで軽いスタイルに移行しているときに、熟した高アルコールのカベルネ・ソーヴィニヨンを誇らしげに見つけています。 (フランク・グティエレス)

チャック・ワグナーは、1970年代初頭に、両親のチャーリーとローナ・ベル・グロス・ワグナーとともにケイマス・ヴィンヤーズを設立しました。彼は、ワインとテーブルグレープ、プルーン、クルミを栽培する家族の4代目でした。ケイマスは、1970年代、80年代以降、世界有数の地域の1つとしてカリフォルニア州ナパバレーの一部となり、そのワインは常に批評家から高い評価を得ています。ケイマススペシャルセレクションのカベルネソーヴィニヨンは、ワインスペクテイター誌によって年間最優秀ワインとして2度選ばれた唯一のワインです。その過程で、ワーグナーは、現在25番目のヴィンテージをマークする人気のある白いブレンドである難問を作成しました。

チャック・ワグナーの子供たちのうち3人は、第5世代として彼に続いてワイン業界に参入しました。彼の最年長のチャーリーは、メルソレイユのラベルでシャルドネを作っています。ジェニー・ワーグナーは、彼女のレーベル、エモロでソーヴィニヨン・ブランとメルローを作ります。もう一人の息子、ジョーはベルグロスと呼ばれるピノノワールを作り、最近、彼のメイオミピノノワールブランドをコンステレーションブランズに3億1500万ドルで売却することで業界の眉を上げました。一緒に、彼らはワインのワーグナーファミリーを構成します。

64歳のワーグナーは最近バージニア州北部に来て、アメリカワイン協会から生涯功労賞を受賞しました。授賞式の前に、私はナパバレーのカベルネソーヴィニヨンが何年にもわたってどのように進化してきたかについて彼と話しました。私たちの会話の編集された抜粋は次のとおりです。



ケイマスは、過去40年間、ナパカベルネの成功の大きな部分を占めてきました。ワインのスタイルと市場はどのように進化しましたか?

最初の10年か20年で、私たちはボルドーをエミュレートしようとしました、そして1990年頃、物事は変化し始めました。コンサルタントのミシェル・ロランという一人が私の見方を変えました。 1994年のハーランカベルネが高く評価されたと思います。私たちがワインを味わったとき、これまでに味わったことのないものでした。ナパの実でできていて、とてもワクワクしました。

そのワインについて何があなたを興奮させましたか?

その日のワインにあった収斂性はなくなりました。色と濃度が素晴らしく、苦味がなく、酸味がありませんでした。あと5年間ボトルに入れておく必要があるとは感じませんでした。それはブロックからすぐに素晴らしい味がしました。だから、それはある種のゲームチェンジャーだったと思います。その後、渋味から抜け出し、独自の熟成スタイルを作りました。それが今日でも私たちが指摘していることです。

古いスタイルのワインは、今日のナパのカベルネスタイルとして進化したものとどのように対照的でしたか?

昨年のワインは、酸が多く、アルコールが少なかった。それらはやや硬くて収斂性があり、わずかに苦くて酸っぱい。 。 。 。それらを説明する最も簡単な方法は、甘酸っぱいです。ワインは私たちの土壌から来たこの強烈な果実味を持っていました。 。 。そしてそれは酸性度を持っていました。

今日私たちが作っているワインは贅沢です。フレームワークはテクスチャーとフルーツであり、テクスチャーはタンニンです。熟した、どろどろした品質のタンニンであり、大きくて苦いタンニンではありません。私たちは、1エーカーあたりより多くのブドウの木をブドウ園に植え、ブドウの木あたりの収穫量を減らしています。これはブドウがより早く熟すのを助け、活力を制御します。それはまた私達に小さい果実を与えます、それは色が皮にあるので重要です。

以前のように熟度を見ていません。私たちは通常、カベルネが最大重量の約25%を失った後に、カベルネを選びます。葡萄の熟度を味わう代わりに、固さを持たずに柔らかいベルベットのように手に持っているので、房を感じることができます。とても柔らかいです。種子は緑色ではなく茶色です。もちろん、ジュースは透明です。カベルネジュースは素晴らしいとは思いません。たまにメロンジュースかもしれないと思います。皮膚はすべてがどこにあるかです。それについては間違っているかもしれませんが、それは私たちが目指しているコンセプトであり、それが私たちが作るワインを生み出すものだと思います。

あなたや他の人たちはそのスタイルで大成功を収めています。しかし、今日、新鮮さと低級アルコールを求めて、古いスタイルへの復帰を提唱する人もいます。この議論についてどう思いますか?

そこにはナッツのソムリエがいると思います。

そして作家?

そして作家、そして何人かのナッツの多いワインメーカー。私にとって、そして私は熱心なワイン消費者ですが、私はそれを理解していません。私はおいしいものが好きで、一般の人もそうだと思います。 。 。 。私たちのスタイルはとてもフレンドリーで、とても甘美で、質感があると思います。ただ爽快。これを下取りに出して、昨年への逆戻りとして味覚の渋みと酸味を増すと考えると、それが良いことだとはまったく思えませんでした。

マッキンタイアのブログ dmwineline.com 。 Twitter上で: @dmwine