寿司はカリカリになります

寿司バーでの騒ぎ、アサリを見るのを恐れるきしむような食べる人、ウニやタコを試さない弱虫など、何も悪いことはありません。寿司は生の魚です:それに対処するか、ハンバーガーを手に入れましょう!

それでも、私の最も冒険的な友人でさえ、ある日後戻りしました。 Kaz Sushi Bistroで一種の意識の流れの寿司注文を組み立て、彼女はリンガーを投げました:CrunchyShrimpRoll。

6ピースの巻き寿司($ 4.50)が出てきました。その中には、細かくさいの目に切ったエビ、日本のマヨネーズ、ネギ、ワカサギのブレンドが入っています。しかし、中には驚きがありました。滑らかなエビの詰め物を一口噛むと、クランチが起こりました。少量の天ぷら生地がブレンドにちりばめられました。全体の組み合わせは、甘くて酸っぱく、滑らかでパリッとしたコントラストでした。



シェフの大河内和弘(「カズ」)が作ったカリカリのウナギとサーモンのロールパン(4.50ドル)も同じ原理で動作しますが、少し微妙ですが、滑らかでしなやかな魚と、パチパチと音を立てる別の要素を組み合わせています。うなぎは大根のピクルスとペアになっています。鮭は紫蘇の葉と根菜の酢漬けで巻かれています(1915 I St. NW; 202-530-5500までお電話ください)。

たぶん、毎日が生の魚に必ずしも適しているとは限りません。たまに私たちの中には、好き嫌いの強い人や胃腸に挑戦したダイナーがいるのかもしれません。そしてカズから、あのテンプラバッターの味を本当に身につけました。

クランチクエストが始まりました。

次の発見:デュポンサークル近くのユニでは、ほぼ1週間訪問して、毎日異なるクランチを得ることができました。ランチはスパイシーオイスターロール($ 7.50)から始めました。カキは軽くパンで揚げ、カリカリの赤キャベツとスパイシーでややクリーミーなソースを添えてご飯の上に並べました。それから私はブラックウィドウロール(4個、8.50ドル)に移りました。これは多くの寿司スポットのソフトシェルクラブの天ぷらロールに似ていますが、きゅうりと空飛ぶ魚の卵とともに赤キャベツのクランチが追加されているのが特徴です。同じラインに沿って、フライングフィッシュロー、ネギ、天ぷらバッターが入ったクランチシュリンプロール($ 5)とスパイシークランチザリガニロール($ 5)があります。シェフのジェームス・タンも天ぷらマグロ(4個、4.95ドル)を紹介しました。マグロ、キュウリ、クレソンをご飯と一緒に海苔に巻いてから、天ぷらによく浸し、パッケージ全体を軽くすばやく揚げ、わさびマスタードを添えます。彼はまた、日本のパン粉に浸したエビをキュウリで包み、わさびアオリ(2122 P St. NW;電話202-833-8038)を添えたパン粉エビフライを試しました。

ジョージタウンのすぐ北にあるSushi-Koでクランチをしたい場合は、ソフトクラブロール(4個、8.75ドル)から始めるよりも良い方法はありません。蟹は片栗粉に漬けて揚げたから揚げです。次に、アボカドとネギで包み、ビネグレットソースとゴマのピューレを組み合わせたゴマドレッシングのベッドの上に、クリームなしでクリーミーな印象を与えます。または、エビフライ、魚卵、マヨネーズの食欲をそそるブレンドである、シェフの高梨テストロのカリカリエビロール(6個、4.50ドル)をお試しください。最後に、きのこ、たけのこ、ほうれん草を混ぜた温かいほうれん草のサラダ($ 6)に、日本のライスクリスピーの一種であるチャーハンをトッピングします。

もっと調理された食べ物にまだ飢えていますか? Sushi-Koの春巻きは、サーモン、パイナップル、タケノコで満たされ、揚げられ、ジャラペノスがスパイクされたスパイシーなポン酢が添えられています(2309 Wisconsin Ave. NW;電話202-333-4187)。

生のバーで調理済みの食べ物を食べるほど、寿司の純粋主義者のマッチョは溶け始めました。私が調理済みの食べ物だけを注文していることを軽蔑する寿司職人はいませんでした。実際、寿司職人は料理をしたり、伝統的なレシピを調整したりすることを気にしません。ある人は、ダイナーが頼んだとき、他の種類の寿司にカリカリの天ぷら生地を喜んで投げ込んだと言いました。

1、2週間のクランチの後、私は休憩を取り、このテーマに別のバリエーションはないだろうと満足しました。しかし、それから私はカフェアジアにさまよった。そこにそれはメニューにあり、その本質に還元されました:「CrunchyRoll」。うなぎ、アボカド、きゅうりはまず海苔で包み、次にご飯で包みます。次に、6ピースのマキ($ 7.50)を、カリカリの天ぷら生地のペレットに丸めます。クランチは外側にあります。私はそれをキュウリで冷やした完全に揚げた皮であるサーモンスキンロール($ 4.50)で締めくくり、それを1日と呼びました(1134 19th St.NW;電話202-659-2696;また1550Wilson Blvd.、Arlington;電話703-741-0870)。

しかし、これはほんの始まりに過ぎないと思います。寿司職人、料理を始めましょう。

シェフの大河内和弘がKazSushiBistroでカリカリのエビロールを提供しています。