Philips SaecoOdeaシリーズレビュー

フィリップスサエココーヒーマシンライン オデア 正確には2007年から約10年間生産されました。2016年の初めにはすでに数年間生産が削減されているため、自動車は正式に市場に供給されていません。確かに、多くの店にはまだいくつかの古い株があり、それらは半分に悲しんで売っています。しかし、このシリーズは非常に人気があり、BMWのデザイナーによって作成されたオリジナルの魅力的な外観が最後の役割を果たしたわけではありません。

そこで、おばあさんに敬意を表して、豊富なラインのバリエーションについて簡単に説明することにしました。さらに、流通市場(そしてこれまでのところ流通市場でも)で何かに気付いた場合は、車が最初に持っていた使用の違いとニュアンスを理解する必要があります。

Saeco Odeaコーヒーマシンのすべての変更の共通シャーシ、プラットフォームについて一言:

現代の基準によると、車の寸法は非常に印象的で、控えめなタンクがあります。1.5リットルの水タンク、180グラムの穀物ホッパー、14個分のケーキコンパートメントです。水タンクは左側から、廃コーヒー容器は右側から引き出します。その結果、車の側面にはまともな追加の空きスペースが必要になり、何かのすぐ隣に置くことはできません。回転する台の上に置いても、タンクの取り外しが少し楽になるのは良いことです。



Odeaラインのコーヒーマシンには手動のカプシネーターがありますが、完全に実装されています

Odeaラインのほとんどすべてのコーヒーマシンには手動のカプチーナトーレがありますが、完全に実装されています

上に、大出冴子は3度の粉砕調整が可能なセラミックバーグラインダーを持っています。注入器(現在でも使用されており、取り外し可能で、適応性があり、事前に濡らしている)は、味を完全に明らかにします。ポンプ-15バール、鋼製ボイラー。

画面なしのコントロール、文字通りいくつかのボタンとメインの円形多段部分コントロールが便利です。すべての変更は、パンナレロアタッチメントを備えた手動カプチーノメーカーで完了しました(半自動デバイスがインストールされたトップエンドのGiro Plus V2カプチーノを除く)。カプチーノメーカー-長い回転バーで、それを使用するのに便利です、それは通常の泡を泡立てます。

Saeco Odeaコーヒーマシンには2つの部分がディスペンスされており、このようなプログラムはメインボタンを2回押すことで開始できます。ディスペンサー自体は調整できませんが、カップのサポートを高さで移動できます。カップの最大高さは14cmです。上部にはカップを収納するためのプラットフォームがあり、正式にはボイラーの熱で受動的に加熱されますが、実際にはそれを感じることはほとんど不可能です。

そして今、変更間の違い:

  • Saeco Odea Giro PlusV2カプチーノ

    SaecoのみOdeaGiro PlusV2カプチーノ半自動カプチーノメーカー

    Saeco Odea Go RI9752 / 01 (他の市場ではRI9752 / 48)-強度調整なし、高速蒸気システムなし。これにより、泡立てるミルクの蒸気を準備する時間が短縮されます。 Saeko OdeaGoには1300Wのボイラーがあります。

  • Saeco Odea Go V2 RI9753 / 47 -強度調整なし、高速蒸気システムなし。 1500Wの電力とわずかに異なる脱灰プログラムを備えたボイラー。 Saeco Odea Giro RI9754 / 01 -3度の強度、高速蒸気システム、ボイラー出力1300W。 Saeco Odea Giro V2 RI9754 / 47b -3度の強度、高速蒸気システム、ボイラー出力1500W。GoV2と同様に、Saeko OdeaGiroコーヒーマシンの2番目のバージョンにはわずかに変更された脱灰プログラムがあります。 Saeco Odea Giro Plus RI9755 / 11 (他の市場ではRI9755 / 21)-ジロと同じですが、金属製のパンナレロアタッチメントが付いています。 Saeco Odea Giro Plus V2 RI9755 / 47b -Giro V2と同じですが、金属製のパンナレロアタッチメントが付いています。 Saeco Odea Giro PlusV2カプチーノ RI9757 / 01 (他の市場ではRI9757 / 47)-前のものと同じですが、ワンド付きの半自動カプチーノメーカーが付いています。

既知の問題点:

  1. Saeko Odeaのすべての変更には、最後の瞬間にトリガーされる水センサーと穀物センサーがあります。このことから、機械がコーヒーを挽く状況がありますが、水がない場合もあります。
  2. おそらく誰かが関係しているでしょう、シリーズは挽いたコーヒーをロードすることを提供せず、豆だけを提供します。
  3. すべてのモデルにコーヒーの温度制御がありません。実はレシピ通りに最適に設定されていますが、もっと熱いものを待っている人もいます。
  4. 少量のドリップトレイ。多くの場合、空にする必要があります。
  5. 時間が経つにつれて(中古品を取り、特別な注意を払う)水とケーキのタンクが移動し始めます。最初の理由で、マシンはドリップトレイに滴下し始めます。 2つ目は、ゴミ箱が設置されていないと思ったときに作業をブロックするためです。原則としてこれらのことに常に注意を払う必要がありますが、ここではケースのデザインによって状況が少し悪化しています。
  6. カップホルダーはポンプから本当に振動します。そして、特にスタンドが低い位置に対して持ち上げられている場合、いくつかのライトカップがそれから落ちる可能性があるように。

出力

Philips SaecoOdeaコーヒーマシンその結果、Saeco Odea、Go、または両世代のGiroシリーズのコーヒーマシンはもはや意味がないと言えます。新しいものは価格で競争力がなく、古いものはデザインの面で地球に先んじていなかったので、それは最終的に完全に現れます。

現在のモデルを検討することをお勧めします。または同じブランドの最初の車- フィリップスHD8649 / 01 (2〜3人用のデバイスを探している場合)、または、たとえば直接の競合他社からのより生産的な- Delonghi ESAM2200および3000

モスクワと地域でこのモデルを購入する場所-現在の価格:


Philips Saeco Odeaエスプレッソマシンの主な技術的特徴:

完全な手順: でダウンロードフォーマットpdf
デバイスタイプ: 穀物機械
幅x奥行きx高さ: 29 x 39x37センチ
使用済みコーヒー: 穀類
コーヒーミル: 石臼、セラミック、3度
醸造グループ: 1つ、取り外し可能、適応型、プレウェット
すべて表示する仕様
ヒータ: ボイラー、1300 W(最初のバージョン)、1500 W(V2バージョン)
最大圧力: 15あります
水槽: 1.5 l、左からアクセス
コーヒーコンパートメント: 180g
廃棄物コンパートメント: 14人前、右からアクセス
カプッチナトーレ: マニュアル-Panarello、Saeco Odea Giro Plus V2カプチーノを除くすべて、彼女は放電管付きの半自動を持っています
カップの最大高さ: 140mm
制御機能: 強度調整(3度、Saeco OdeaGoおよびGoV2を除くすべて)、温度調整なし
その他の機能: ベースの回転、カップのパッシブ加熱、最後の瞬間に水とコーヒーが不足していることを示すセンサーのトリガー
カラーバージョン: グレー、ブラック、オレンジ

よくある質問

  1. こんにちは1月。

    コーヒーレシピ

    彼はそのような装置の誇り高い所有者でした。まともな泡でコーヒーを飲んだことはありません!彼女はいつも痩せていて、ほとんどすぐに落ちました。高価で安い、ブランドの冴子、パウリギなど、別のコーヒーを飲みました。結局、漏れ始め、修理のために返して、1か月後に再び流れ始めました。今、彼は義父と一緒に地下室にいます-理由はわかりません。

    質問:
    1.とにかくそれを修正しようとする価値はありますか?
    2.私は曲がっていますか?それらの。あなたがそれを修正した場合、それから価値のあるものを得ることが可能ですか?
    3. Saeko(Philips)ブランドに対する不信感が根強く残っています。しかし、私たちが朝だけコーヒーを飲むなら、結局何を選ぶべきですか:妻は毎日、私は時々いますか?

    アンドリュー

    9月6日16日c 07:04

    • 1.わからない、破損/修理費用に依存します。
      2.可能です。薄い泡、コーヒーとはどういう意味ですか、それとも泡立つミルクについて話しているのですか?コーヒーの場合、エスプレッソブレンド、つまり純粋なアラビカではなく、ロブスタを試してみましたか?グラインドを調整しましたか?最小値を設定しましたか?そして重要な質問ですが、コーヒー、エスプレッソ30〜50 ml、またはそれ以上とはどういう意味ですか?体積が大きいほど、定義上、泡は小さくなります。少なくとも3ヶ月前に作ったコーヒーを試しましたか? 1歳の子供を定期的に連れて行くなら、高価で安い、sayeko(彼らは本当にコーヒーを作るのですか?)、PaulinまたはLavazzaは関係ありません。
      3.いずれにせよ、あなたは服の上でまともなコーヒーを得ることができます。冴子はこの地域のリーダーの一人であり、不信感は根拠がありません。おそらくこれは、必要な圧力/温度を生成しなかった、特に欠陥のある試験片です。ちなみに、どのくらいの頻度で注入器をすすぎ、注油し、脱灰しましたか?

      1月

      9月10日16日c 19:03

  2. 以前メリタカフェオ86を食べました!プラスチックの破損がなければ(時間の経過とともに回避することはできません)!変わらない! Saeco giro:カプチーノを上手に作れます!!!自宅で非常にメンテナンス可能(ストレートアーム付き)!!!一つの問題は、一食当たりの水の量の調整です! 50グラムの1つの分割で、2つの分割はすでに150であり、3つ以上は一般的にたくさんあります!!!調整できるかわかりません??? !!!

    マイケル

    10月18日c 08:43

    ラテ
    • ここで私はあなたに言いません、私は理解しませんでした。

      1月

      10月18日c 10:57

  3. そして、このブランドの現在のモデルは、同じ価格カテゴリからどのように考えることができますか?またはそれらは存在しませんか(すべてがはるかに高価です)?

    マリア

    1月11日 12:53

    • なぜ、フィリップスHD 8826は、プラスチックの厚さを除いて、誰にとっても優れているでしょう。

      1月

      1月13日 14:25

  4. 私の両親はこのモデルを9年間持っていて、今でも素晴らしいコーヒーを淹れています。さらに、焙煎したてのコーヒーだけが注がれ、最高のミックスです。味わいがよくわかります。はい、他のデバイスと同様に、サービスのために提供する必要がある場合があります。水とケーキのコンパートメントは時々外れますが、軽い圧力ですべてが所定の位置に落ちます。パナレロは、清潔に保ち、洗うとよく泡立ちます。
    素敵な古い車。

    キャサリン

    4月16日 04:00

  5. ちなみに、まだ販売中のSaeco Odea Giroシルバーグレー(商品番号RI9952 / 50)の違いは何ですか?

    アレクセイ

    11月10日 14:10

    • 記事は市場によって異なる場合があります。これは私にはわかりませんが、おそらくOdea GiroV2です。

      1月

      11月10日 18:37

      電気サモワール
  6. こんにちは、Saeco Primea Cappuccino Touch Plusについて何か情報はありますか?彼女はこのシリーズから同じですか?

    イリヤ

    17年12月24日c 21:21

    • さて、このシリーズからではなく、これからどのように言うことができますか?何に興味がありますか?久しぶりですが、中古品についてはこちらで書きました-

      1月

      1月4日 19:39

  7. こんにちは!
    そして、Saeco Odea SportyとGiro、またはGoの違いは何ですか?
    まるで1つのシリーズのようです!ちなみに、スペアパーツや説明書を探すときにこのモデルに出会ったことはありません。

    間隔

    8月17日c 14:58

    • Saeco OdeaSportyのことを聞いたのはこれが初めてです。

      1月

      8月20日c 09:37

  8. こんにちは。 Saeco OdeaGoに伝えます。電源を入れると、すべてのインジケーターが順番に点灯し、機械から少量の水が排出されることがあります。必要かどうか?

    マイケル

    8月26日c 09:47