OEMレビュー:EndeverCosta-1060と非常にオリジナルのCosta-1070の別のクローン

Endeverブランドは、正式にはスウェーデン語と見なされているKromax Group Companiesに属していますが、実際には、他の誰かの中国のデザインでラベルを注文するのは別のOEMです。ストーリーはユニークではありません。Vitkaでよく知られているものから始めて、世界中の何百ものブランドが同じようにしています。これ自体は良いことでも悪いことでもありません。

つまり、Endever Costa-1060キャロブタイプのコーヒーメーカーと呼ばれる目新しさは、Polaris Adore Crema、Clatronic ES 3643、Sinbo SCM-2944などの名前で長い間私たちに知られているデバイスの完全な100%クローンです。

Endever Costa-1060コーヒーメーカーは、Polaris Adore Crema(Polaris Adore Crema( 概要を見る )。



それらについて私は持っています すでにレビューがあります 、追加するものは何もありません:これは最も手頃な価格の1つです イナゴマメコーヒーメーカー 味と価格の妥協点である圧力上昇ポンプを備えています。はい、エスプレッソを作ることができます。ホーンの出口にあるメッシュエンハンサーにより、外見上はかなり見栄えがしますが、飲み物の味は、次のようなより有名な(そして高価な)競合他社の製品よりも劣ります。 デロンギECPシリーズ

ドイツの技術サイト

Endever Costa-1060が特別な理由は何ですか? 価格で試してみてください。上記のすべてのクローンの中で、最も安いようで、4000ルーブルで見つけることができます。デロンギECPの開始価格は約8Kであり、これは多くのバイヤーにとって重要です。それにもかかわらず、私はすでにこれらのコーヒーメーカーについてすべてを述べました。 そのレビューで 、ここでは何も変更されていません。よりオリジナルなモデルに移ります。

Endever Costa-1070コーヒーメーカー-これはどのような動物ですか?

こんな奇跡を見るのは初めてです。ざっと調べてみると、最近、雨上がりのキノコのように成長しているので、自動カプッチナトーレを備えたエスプレッソコーヒーメーカーの棚に別の追加があるように見えるかもしれません(最近のノベルティのレビュー: VitekVT-1522および会社Polaris PCM-1535E )。

しかし、違います。これは決してカプチーノメーカーではありません。これは自動カプチーノメーカーがねじ込まれているドリップマシンです!これが可能だとはまったく思いませんでした。

ドリップコーヒーメーカーEndeverCosta-1070

はい、すべての模倣について、ポンプ付きのイナゴマメのコーヒーメーカーの下ではなくても、少なくともカプセルのコーヒーメーカーの下では、実際には ドリップコーヒーメーカー 、小さな円錐形のカプセルのような容器がコーヒーを充填するための恒久的なフィルターとして使用されています。

同時に、少し大きめのお茶用の同様の容器がキットに入れられたので、これが多機能コーヒーメーカーであることを箱に安全に書くことができます。ドリップコーヒーメーカーなら誰でも、ルーズリーフティーを紙やパーマネントフィルターに入れればお茶を淹れることができます。

Simonelli Apia 2

Endeverコーヒーメーカー用のコーヒーと紅茶のフィルター

Endever Costa-1070という名前のこのフランケンシュタインの主な特徴は、自動カプチーノメーカーです。これは、右側に取り付けられ、300mlのミルクを保持する完全な水差しです。実際、彼の主な問題は。

カプチーナトーレのクローズアップ

カプチーノメーカー

材料と技量の全体的な品質が一般的に適切な中国のレベルにあることは明らかです。しかし、カプシネーターの問題は、材料の節約からではなく、この製品を設計した技術設計者やエンジニアの節約から生じます。

ドリップコーヒーメーカーは、加熱要素での水分蒸発と上部収集要素での蒸気凝縮の原理に基づいて動作し、そこからお湯がフィルター内のコーヒーの上に少し注がれ、カップに浸透します-要するに、典型的なろ過されたアメリカーノコーヒー。

しかし、そのような設計で、ミルクを泡立てることができる十分な蒸気の頭をどのように生成するかは謎です。したがって、結果が適切であったことは驚くべきことではありません。とにかくミルクは泡立てられます。ポンプのないボイラーホーンよりも悪い- デロンギEC9 、しかし、そのミルクでさえ、その上であまりよく泡立てられませんでした。 EC9に中国のクローンがなかったのは当然ですが、中国のクローンはあったかもしれませんが、私は会いませんでした。

Endever Costa-1070コーヒーメーカーのコントロールパネルには、オン/オフの7つのボタンと、飲み物を直接開始するための6つのボタン(エスプレッソ、紅茶、ミルクフォーム、ミルクティー、カプチーノ、ラテ)があります。しかし実際には、それに応じて次のようになります。

きゅうりには何パーセントの水が含まれていますか
  1. フィルターコーヒー(アメリカーノ)。他のドリップコーヒーメーカーとほぼ同じです。
  2. 同じですが、フィルターをお茶、つまりお茶に変更したことを前提としています。水がお茶のしおりをすばやく通過するので、カップに入った結果は、注入されたチファーのファンを喜ばせないという事実に注意を向けさせてください。そして、濃いお茶の愛好家だけです。
  3. 温かい牛乳。
  4. ミルクティー。
  5. ミルクコーヒー。実際、これはミルクティーと同じプログラムであり、フィルターをコーヒーに戻したことを前提としています。
  6. 総量がやや多いミルクコーヒー。

批評要旨

要するに、Endever Costa-1070コーヒーメーカーは、新しいタイプの機器を市場で際立たせたいが、物理的および化学的プロセスを考慮しなかった、憂鬱な中国の天才の創造性の完璧な例証です。

今では、すべてがお客様によって台無しにされているのではないかと思いましたが(理解していなかったのですが、Kromax Endeverは実際には国内の人です)。事実、上記のリストで私が書いたようにボタンを呼び出すと、弱いろ過されたコーヒーがカップに注がれ、加熱されると、ある程度、アメリカーノにミルクを準備する本当に新しいタイプの機器になりますトップ、しかしホイップミルクではありません。

実際、穀物エスプレッソマシンの場合、メーカーはそのような動作モードを実装するために特別に焼き上げられています。説明の良い例はコーヒーマシンです。 フィリップスEP4050 、特別プログラムのカフェオレ(コーヒーとミルク)があり、アメリカーノの模倣品をカップに注ぎ、その上にホットミルクを入れます。すぐに同様の結果が得られますが、どれだけ安いのでしょうか。

コーヒーマシンのブーイング

しかし、真剣に、Costa-1070は、エスプレッソとカプチーノを提供することによって購入者を誤解させるだけでなく、技術的な設計上の制限のためにそれを行うことはできません。したがって、アメリカーノの場合も、ミルクの有無にかかわらず、何ヶ月もプラスチックの臭いがなく、指の半分ではないギャップがあり、リストのさらに下にある、信頼性が高く高品質のモデルを購入することをお勧めします。

アメリカ人とアメリカ人をミルクで調理するためのEndeverCosta-1070の代わりに最も簡単で最も明白な解決策は蒸気です ボッシュTKA3A また フィリップスデイリーコレクション +個別 フォーマー

モスクワと地域でこのモデルを購入する場所-現在の価格:


Endever Costa-1070コーヒーメーカーの主な技術的特徴:

完全な手順: でダウンロードフォーマットpdf
デバイスタイプ: ドリップコーヒーメーカー
幅x奥行きx高さ: 21 x 26x33センチ
使用済みコーヒー: 接地
コーヒーミル: 番号
醸造グループ: 2つの再利用可能なフィルター:コーヒーと紅茶
すべて表示する仕様
ヒータ: 1000ワット
最大圧力: ポンプなし
水槽: 0.5 l、上からのアクセス
カプッチナトーレ: 完全な0.3水差しで自動
制御機能: プログラミングの可能性のない自動投与の6つのプログラム
カラーバージョン:

よくある質問

  1. エスプレッソマシン))

    マキシム

    11月12日18日 22:27

  2. 1月、こんばんは!私はついに自分用のコーヒーマシンを購入することに決めました。長く苦労して検討した結果、私の選択はDe'Longhi ECAM 650.75.MSになりましたが、ここに問題があります。車を注文するときに、マネージャーがミレットMLTを使用するようにアドバイスします- 8312 Piccante Vittoriaは、すべてのプランで優れており、コーヒーの味も優れていることを保証しますが、De'Longhiは在庫があり、注文を受けていますが、一般的にはほぼ最高であると述べています。プロとしてのご意見をお聞かせください。ありがとう!!!

    アレクセイ

    11月13日 21:00

  3. ヤンありがとう!私はここですべてを読んだようですが、すべてを注意深く読んでいないことがわかりました。あなたのような人がいるといいですね。どうもありがとうございました!!!

    アレクセイ

    11月14日 21:45