インドのペールラガー、クラフトビールのカテゴリーストラグラー

インドのペールラガー、つまりIPLには戸惑うものがあります。彼らは反逆者であり、ビール界の異端者です。彼らは規則に従わない。

純粋な酵母菌株の培養が可能になった19世紀後半以来、麦芽飲料はラガーとエールの2つの王国に分けられてきました。ラガーは酵母を使ってのんびりと冷やして発酵させ、まろやかで均一なキールのクリーンな味わいのビールを生み出します。繊細で辛口の辛さで有名な品種、いわゆるノーブルホップでホップされます。

エールは、よりフルーティーでスパイシーでファンキーな醸造を生み出す、活発で短く温かい発酵を受けます。彼らは、土のような、樹脂のような、花のような、そして柑橘系のノートでいっぱいの株で、より攻撃的なホッピングに耐えることができます。



IPLは二重国籍を享受しています。それらはラガーのように発酵され、その後、純粋主義者がラガーにふさわしいと考えるポイントをはるかに超えて、刺激的な太平洋岸北西部のホップでホップします。

ジュラ公式サイト

これらのハイブリッド醸造はしばらく前からあります。ニューヨークのシュマルツ醸造所のジェレミーコワンは、6年前に、見世物小屋をテーマにしたコニーアイランドビールのラインの一部としてソードスワロワーを紹介しました。私はそれをインドのペールラガーと呼んだが、当時は誰もそのカテゴリーを受け入れなかったと彼は言う。今日、誰もがIPLをスタイルとして受け入れているわけではありません。 Ratebeer.comは、このようなビールを強力なペールラガー/インペリアルピルスの見出しの下にまとめています。

それにもかかわらず、これらのカテゴリーのストラドラーは急増しています。アッシュバーンのLostRhinoBrewingの共同所有者であるFavioGarciaは、誰もが同時に同じ考えを持っていたと言います。地元では、地区の地区チョップハウス。バージニア州ローズランドのデビルズバックボーン。バージニア州ネリーズフォードのワイルドウルフ。ベセスダのロックボトムブルワリーは、エールホップを使ったラガーの製造を実験してきました。全国的に、オレゴン州ポートランドのWidmer Brothers Brewingは、IPAのRotatorシリーズの一部としてHopside Downをリリースし、BostonBeerはSamuelAdams Double AgentIPLを通年のステータスに昇格させました。国際的な例としては、デンマークのMikkeller Hop BurnLowやノルウェーのNogneO India PaleLagerなどがあります。

Lost Rhinoのエントリはメガファウナ(翻訳:大型動物)です。醸造所の試飲室で販売されたすべてのパイント、栽培者、22オンスのボトルの販売から25セントが、Save the RhinoInternationalに寄付されるとGarciaは約束します。この強いラガー(アルコール度数7.5%)のケトルホップは、アメリカのエールで一般的に見られる3つの大きなC株(コロンバス、カスケード、センテニアル)ですが、醸造者のジョンピーターズはドイツのハレルタウとサーズでビールをドライホップしました。この結果は、グレープフルーツのタンから始まり、一流のピルスナーに見られるような長くて乾燥したペッパーのようなフィニッシュへと続く醸造です。メガファウナは、ディストリクトとバージニアではタップで、醸造所では22オンスのボトルでのみ入手できます。

ラガーイーストとエールホップのパートナーシップは同じではありません。 Great Lakes BrewingのSilver&Gold IPLでは、IPAがラガー部分を確実に覆い隠していると、醸造所のバージニア州北部地区の営業担当者であるLaurenBoveington氏は言います。クリーブランド醸造所は、25周年を記念して6月にハイブリッド醸造をリリースしました。ブリューワールークパーセルは、五大湖のドルトムンダーゴールドに使用しているのと同じ酵母で発酵させました。ホップの請求書には、リンゴ、洋ナシ、お茶のノートに寄与する株であるカリプソが含まれています。

IPLは、多くのインペリアルIPAのように、ホップやアルコールで口蓋を麻痺させてはなりません。理想的には、クリーンなラガー仕上げは、ホップの繊細さを際立たせるためのキャンバスとして機能する必要があります。 Boston Beerは、そのDouble AgentIPLに半ダース以上の品種を追加しています。同社のジム・コッホ会長によると、目玉はモザイクと呼ばれる比較的新しい株で、花とフルーティーの部分が同じです。二重スパイには、アメリカンシトラ(独特のタンジェリンフレーバーを持つ品種)とネルソンソービン(ライチやソーヴィニヨンブランのブドウとよく比較されるニュージーランドのホップ)も含まれています。それらが組み合わさって、ビールに柔らかなフルーツカクテルタイプの仕上げを与えます。

エールホップでラガーを醸造できるのなら、ラガーホップでエールを醸造してみませんか?そのニッチも満たされています。ストーン17周年記念の神々の黄昏IPAは、伝統的にバランスと飲みやすさを重視してきたドイツの品種でホップされた西海岸のIPAです。神々の黄昏は、黒胡椒、アニス、少し柑橘系の香りがあり、すっきりとしていて、非常に苦く、長持ちする後味があります。

伝統的なヨーロッパの株でそのようなレベルの幸福に達することはほとんど不可能だったでしょう。しかし、ドイツ人は、おそらく変化が空中にあることを認識しており、ホップの主要な苦味化合物であるアルファ酸の割合がはるかに高い新しい品種を育ててきました。神々の黄昏には、ヘルクルス、メルクール、オパール、スマラグドなど、これらの新参者のいくつかが組み込まれています。アルコール度数が約10%、苦味の単位が102であるこのビールは、夜を締めくくる種類のビールです。神々の黄昏として解釈される名前は、どういうわけか適切であるように思われます。

インドのペールラガー(またはドイツのIPA)は、これまでに認められたスタイルになるのでしょうか?それはまだ分からないが、彼らは哲学的な問題を提起している。醸造者がそのような免責で文体の境界を越えて侵入できる場合、ビールにはまったく新しい分類法が必要ですか?ビールスタイルの概念そのものが時代遅れですか?

スタイル警察を召喚するには約30年遅すぎるとコッホは示唆している。 1980年代初頭以来、米国の醸造所は基本的に古い世界のスタイルを復活させ、独自のひねりを加えてきました。

購入するプロのコーヒーマシン

IPAを取る。彼らはもはやインドに送られていません、そして彼らはいつも青白いわけではありません。これらすべての黒、赤、白のIPAを入手し始めたら、「IPAとはどういう意味ですか?」と自問する必要があります。一般的な要素は、大量の高アルファ酸アメリカンホップです。では、なぜそれはエールを意味する必要があるのでしょうか?ラガーでやってみよう!

LostRhinoのJohnPetersが指摘しているように、アメリカのクラフトビール醸造所は規則を曲げて本を窓の外に投げ出します。

Kitsockは、Mid-Atlantic BrewingNewsの編集者です。