イタリア人のようにコーヒーを飲む方法

TEQUILAは、ワシントンD.C.に拠点を置く大使館で働く専門家の外交官と一緒に国の秘蔵食品を探索する輸送シリーズをデビューさせます(Billy Tucker / TEQUILA)

メアリーベスオルブライトホスト/編集者、フードビデオ 2018年3月15日 メアリーベスオルブライトホスト/編集者、フードビデオ 2018年3月15日

姉と義兄の結婚披露宴は15歳でしたNS-ヴェネツィアの世紀の宮殿。私たちはゴンドラに近づき、オペラ歌手がバルコニーからセレナーデをし、人工照明がなく、数百本のろうそくがちらつくだけの部屋でくつろいだ。

しかし、コーヒーについてお話ししましょう。



饗宴の後、熱くて苦いエスプレッソは、夜の最後のジョークや浮気を十分に後押しし、美しいイタリア料理や飲み物にアメリカ人が甘やかしていたナマケモノを切り裂きました。

メアリーベスオルブライトのフードハック:瓶に身を包む

しかし、結婚式のネイティブイタリア人は、夕食後のエナジードリンクとしてコーヒーを使用しませんでした。それらのゲストは、一瞬のエスプレッソショットの聖なる瞬間に集まり、濃いエリクサーと踊る炎を鑑賞するために、短時間ではありますが急いで集まりませんでした。私は以前のイタリア旅行で同様にエスプレッソの儀式が迅速であることに気づきましたが、カフェインの配達を終わらせる手段は決してありませんでした。エスプレッソは社交的です。イタリア人は、街でも田舎でも、エスプレッソバーに立って注文し、ショットを飲む数分を、その瞬間を楽しむ機会として利用します。パーティー中に5分間立ち寄る名誉あるゲストのように、幸せな畏敬の念がエスプレッソを取り囲んでいます。ゲストは彼女の目覚めに共鳴する輝きを残しますが、ポイントは訪問自体でした。

広告ストーリーは広告の下に続きます

数ヶ月前、私は(そうするように)からの招待を受け入れました シチリア料理の歴史に関するパネルを司会するイタリア大使アルマンド・バリッキオ。イタリア大使館にエスプレッソバーがあることは知っていました。一度門をくぐると、私は訪問に抵抗できませんでした。コーヒーはイタリア人にとって非常に重要であるため、国が市民に外交を実践するためにアメリカに移動するように求めるとき、イタリアは独自のエスプレッソを提供します。必需品ほどの特典ではありません。

ワシントンの大使館を訪問すると、実際にはあなたは公式に異国の地に置かれます。あなたの家はほんの数ブロック先にあるかもしれませんが、あなたは別の文化に移動したように感じます。多くの場合、大使館では、たとえ瞬間がほんの数秒しか続かなくても、マインドフルネスが国の素晴らしい料理の伝統の楽しみ、瞬間の楽しみを取り囲んでいます。このアイデアはコーヒーよりも大きいことに気づきました。ワシントンのポストの席は、大使館を通して食品と文化の世界的な多様性を示すことを可能にし、食品外交を文書化する機会です。フードアンバサダーシリーズが誕生しました。

このシリーズでは、ワシントンの大使館の内部を垣間見ることができます。ここでは、午前10時以降にミルクと一緒にコーヒーを飲むことはイタリアでは珍しいことを学びます。日本に旅行していて、仕事で上質なジャパニーズウイスキーを使ってマネージャーを乾杯したい場合は、次のビデオで日本大使館のカウンセラー(正式な肩書き)が精神の選び方と乾杯の仕方を紹介します。世界中からの食べ物とお酒にご期待ください(最初の2つのエピソードでは飲み物が私を引き込みました)。

広告ストーリーは広告の下に続きます

イタリア人にとって、コーヒーはエネルギーの大まかな爆発以上のものです。ビデオでわかるように、地域ごとにコーヒーへのアプローチが異なります。コーヒーを注文すると、カフェを外して、エスプレッソを手に入れます。イタリア大使館のある労働者によると、ビジネスの中心地であるミラノでは、エスプレッソバーの人々が他のどこよりも早く飲んでいます。ヴェローナでは、多くの人がグラッパと一緒にエスプレッソを飲みます。北は寒くなるので、暖かく過ごす必要があります。だからグラッパ。日中。

イタリア人がそれを飲んでも、コーヒーはイタリアの魔法のポーションです。ある時点で、短い病気のために楽しいものすべてをあきらめました(カンパリではありません。カンパリは薬用です)。そして私は長い間カフェインを飲んでいませんでした。私の神経がカフェインに耐えることができた唯一の場所は、まるで私の体がカフェインを異なって代謝したかのように、イタリアのエスプレッソのようでした。フードアンバサダーでは、ポストは、ワシントンの大使館に現れるように、それを最もよく知っている人々から、世界中からあなたにこの魔法をもたらします。

GiftOutlineギフト記事の読み込み中...