相反する感情の副菜で肉を食べる

先月、マクドナルドは、Twitterを構成する自己宣伝とマイクロ会話の密集した流れに身を投じる計画を考案しました。ファーストフードの巨人は、#MeetTheFarmersと#McDStoriesのハッシュタグの下で、マクドナルドにジャガイモ、牛肉、その他の製品を供給する実際の農家や生産者の一部を紹介することを望んでいました。

しかし、1時間以内に、同社はソーシャルメディアの災害に見舞われました。ツイーターはすぐに#McDStoriesハッシュタグを乗っ取って、独自の逸話や宣伝を提供しました。その一部は、マクドナルドがアメリカ人に安い肉を販売してきた長い歴史、1日に何百万ものパテやナゲットを攻撃しました。

ある人は、Twitterのハンドル@MichelleVeganの下で、マクドナルドがナゲットのために生きているひよこをやけどする、と書いています。ビーガン.comのTwitterフィードは、次のように語っています。マクドナルドに足を踏み入れた私の思い出:開封したばかりのドッグフードの缶から深く吸い込んだ感覚的な体験。その後、もちろん、PETAはピンクスライムのコイルの写真を持って争いに参加しました。これは、マクドナルドがすぐに否定したという主張で、マクドナルドが機械的に分離された鶏肉から作られていることを示唆しています。



フィオレンツァート

それらの主張の信憑性に関係なく、エピソードは新しい真実を強調しました:肉を食べることはそれが前の世代にあった単純な喜びではなく、そしてファーストフードの関節を頻繁に使う人々のためだけではありません。

何百万人ものアメリカ人がグルメハンバーガー、乾燥熟成ステーキ、シェフ主導の豚肉、ベーコンで包んだすべてのものを食べ続けているにもかかわらず、彼らは定期的に彼らの行動の潜在的な結果を考慮することを余儀なくされています。環境保護論者は、肉の生産が生み出す温室効果ガスについて考えてほしいと思っています。人道的な支持者は、私たちに動物の苦しみを考慮してほしいと望んでいます。医師は私たちに健康への影響について考えてほしいと思っています。そして医学界は、薬物でいっぱいの家畜をポンプでくみ上げることの潜在的なフォールアウト(抗生物質耐性としても知られている)を理解することを望んでいます。

(TEQUILAのダンページ)

アメリカが肉について統合失調症になったかのようです。肉の消費量を削減または排除する理由が増えるにつれて、特においしい動物の肉のモルセルの供給源も増えます。

ワシントンはその代表的な例です。近年、Expense-Account Steakhouse Capital of Americaは、実質的にハンバーガーの世界の中心になっています。 Shake Shack、Elevation Burger、Good Stuff Eatery、 Ray’s Hell-Burger 、Big Buns Gourmet Grill、Thunder Burger&Bar、BGR:TheBurgerJoint。過去数年間にオープンしたバーベキュー店の数も数えましょうか。これは、国内で最も教育水準の高い人々の故郷であるワシントンが肉食に関するメッセージを吸収したという兆候のように聞こえますか?

オンラインストアプレイヤーruレビュー

私たちは文化として、肉を食べることに関して精神分裂病である、とノートライターは述べています マイケルポーラン、 動物の肉の消費に関するこの独自の内部対立に取り組んできた人。私たちは味と、肉をたくさん持っていることが常に意味するもの、つまりステータス、富を愛していますが、同時に、環境、労働者、動物、そして私たち自身にとって、肉を食べることの高いコストを見逃すことはできません。健康。私たちが対立するのも不思議ではありません。

肉を食べることが宗教とほぼ同じように二極化するこの時点に到達したことは、おそらく驚くべきことではありません。 PETA、殺害に対する思いやり、責任ある医療のための医師会などのグループは、数十年とまではいかなくても、何年にもわたって菜食主義者または完全菜食主義者の食事療法を推進してきました。肉を食べない方が彼らと彼らが住む世界にとってより良いという考えで、多くの人がツイッターに精通している全世代の食べる人が成長しました。

さらに、これらのグループの中には、食事について決定を下し始めたほぼ瞬間から子供をターゲットにしているものもあります。 PCRMの医師兼社長であるニールバーナードのような人々は、それについて謝罪しません。彼は、現在の反肉キャンペーンを未成年者の喫煙を思いとどまらせるキャンペーンと比較しています。彼らが若いうちに彼らを攻撃することが重要です。

私のような子供が11歳のときにタバコのパックを見つけた場合、バーナードは、まったく遭遇したことがない子供とは対照的に、その子供は喫煙者として成長する可能性が高いと言います。

若者市場を打つ

特にPETAは、 Peta2.com 2002年に立ち上げられ、50万人以上の電子ニュース購読者がいるWebサイト。このサイトは、菜食のヘルスケアの節約や潜在的な長期的な健康上の利点を促進することにほとんど関心がありません。代わりに、ポップカルチャーのアプローチを採用して、肉を使わない食事を動物にとってクールで虐待のないように見せます。少なくとも、大人の世界とは逆に、それ自体がより反抗的な人々にアピールする可能性があります。

PETAのキャンペーン担当シニアバイスプレジデントであるダンマシューズは、若者にアピールするために高度な知的アプローチを取るのではなく、若者にとって重要な要素を再生することを目的としています。見栄え、またはセックス、または有名人のように。 PETAはテレビプロデューサーとも協力して、昨シーズンのエピソードなど、さまざまな番組に反肉メッセージを挿入しています。 マイアミの本物の主婦 リー・ブラックは、豚の丸焼きをうさぎで食べることで、サウスビーチの仲間のうさぎを悩ませています。

現実的であるため、若者市場に参入するには、より低い最小公分母に行かなければならないことに気づきました、とMathewsは言います。彼らは見栄えがしたい。彼らは、心臓病のように、彼らに影響を与えるのに何十年もかかる何かを気にしません。

しかし、反肉と減肉のメッセージは、議題を持っている動物の権利団体からだけではありません。料理本の著者、活動家、そして連邦政府でさえ、1、2世代前には過激に見えたかもしれないという考えを受け入れました。それは、以前ほど多くの肉を食べる必要がないということです。

ポーラン、彼の中で 食糧の防衛で (ペンギン、2008年)、私たちは食べ物を食べるべきだと有名に書いています。多すぎない程度に。主に植物。翌年、著者のマーク・ビットマンは本質的に同じ考えを支持しました 食品の問題 (Simon&Schuster、2009)肉やジャンクフードを減らし、野菜や全粒穀物を多く食べるべきだと指摘しました。

トルコ人の選び方

2年以上後、米国農務省と米国保健社会福祉省は、 アメリカ人のための食事ガイドライン 、固形脂肪からのカロリー摂取量を減らすことを推奨しました。翻訳:肉を少なく食べる。

これらのメッセージが米国の肉食にどのように影響したかを定量化するのは簡単ではありません。昨年ハリスインタラクティブがベジタリアンリソースグループに対して実施した調査によると、アメリカ人の約5%が自分たちを菜食主義者であると認識し、別の33%がかなりの時間菜食主義者の食事を食べています。 1994年に、Vegetarian Resource Groupに対して実施された世論調査により、組織は人口の0.3〜1パーセントが菜食主義者であると推定しました。

おそらくもっとわかりやすいのは、America MeatInstituteが農業部門のデータから選別した数値です。彼らは、赤身の肉の消費が全面的に減少していることを示しています。たとえば、アメリカ人は2010年に1人あたり56.9ポンドの牛肉を食べましたが、2005年には62.4ポンドでした。1人あたりの豚肉の消費量も2005年の46.5ポンドから2010年には44.8ポンドに減少しました。 2010年の1人あたりの鶏肉は55.5ポンドで、5年前の60.5ポンドから減少しました。

日曜大工のボッシュコーヒーマシンの修理

数は菜食主義のライフスタイルに向かう傾向があるかもしれません、しかし実際には、アメリカ人はまだ世界で食べられる肉の推定6分の1を下回っています。このドライブはどこから来たのですか? (レイズのグリルで焼けるようなハンバーガーの酔わせるような香りは別として?)

PCRMのBarnardは、彼の著書Breaking the Food Seduction(St。Martin’s、2003)で、肉を食べることには中毒性があることを示唆しています。バーナードは、科学的テストにより、砂糖、チョコレート、チーズと同じように、肉には薬物のような微妙な性質があることが示唆されています。研究者が薬物ナロキソンを使用してボランティアのオピエート受容体を遮断すると、肉はその魅力の多くを失います。

ニューヨーク大学教授および著名な栄養士 マリオンネスル 依存症の理論は二の次だと言います。

人間は雑食動物であり、多くの動物が肉を食べると彼女は電子メールで書いた。人々は(ドライブ)しなければならないので食べます。味は食べ物の選択を促進します。私たちは、野菜源からは十分に得ることができない肉や乳製品から栄養素(とりわけビタミンB12)を摂取します。私たちの祖先は選択の余地がありませんでした。生存は肉を食べることにかかっていました。私たちには選択肢があり、肉を少なく食べれば人と地球はより健康になりますが、私は肉を食べる依存症とは呼びません。

その製品が中毒性があるかどうかにかかわらず、食肉業界はぼんやりと腰を下ろして、アメリカがベジネーションに変わるのを見ていません。赤身の肉と七面鳥の加工業者を代表する業界団体であるAmericanMeat Instituteは、約1年前に次のWebサイトを立ち上げました。 肉のMythCrushers それは肉を食べることに対する多くの議論に対抗するだろうという考えで。このサイトは、研究と業界の専門家へのビデオインタビューを通じて、家畜生産における抗生物質の使用が人間の抗生物質耐性に寄与するという信念や、肉を食べることと心臓病との間に具体的な関係があるという信念など、神話であると述べていることに取り組んでいます。

AMIの広報担当上級副社長であるJanetM。Rileyは、消費率の低下と肉食への攻撃の増加により、組織がサイトを作成したことを認めています。しかし、彼女はまた、肉を食べることの減少を示す統計は欺瞞的であると言います:より高い肉価格と貧しい経済の間で、アメリカ人は当然より少ない肉を食べ始めました。

防衛について

サイト上のビデオは、それぞれのインタビュアーを務めるライリーにとって特に重要でした。彼女は、Food、Inc。などの映画や、EricSchlosserのFastFood Nationなどの本を通じて、ますます冷たく機械的なものと見なされるようになった業界を人間化したいと述べています。最近人々が加工工場を訪れると、動物福祉と安全性の向上に驚いていると彼女は言います。

調理するグリューワイン

その声明は、PETAのMathewsにとって驚きかもしれません。彼は、農業業界が食肉処理場やその他の施設での覆面ビデオや写真を防ぐために州議会に法案を提出しようとし続けているため、肉を食べる人が増える可能性があると述べています。彼らは非常に脅かされている、とマシューズは言います。これが彼らがこれらの法案を後援した理由です。

Twitterのマクドナルドであろうとアイオワ州の食肉処理場であろうと、肉の生産者、小売業者、そして食べる人が防御的な立場を取っていることは明らかだろう。それらの防御のいくつかは、肉の消費を減らすためのより多くの圧力の下で最終的に崩壊しますか?元ハードコアな肉食者の1人は、プロボノの法的な仕事をした後、習慣を正当化できなくなったことに気づきました。 米国人道協会 そしてその反パピーミルキャンペーン。

3年以上前のある日、地区の独占禁止法の弁護士アンバー・マクドナルドは、工業型農業はパピーミルのように運営されているとの関係を築きました。彼女は徐々に肉や乳製品から離れ、友人、同僚、家族に衝撃を与えました。マクドナルドはウィスコンシンで育ち、ブラートヴルストとチーズを食べていました。彼女はかつて、ステーキハウスで魚を食べた人々を、法曹に就職するのに十分なほど攻撃的ではないと判断していました。彼女は今それの記憶を笑っている。

4年前、マクドナルドはミートウィークとして知られる8日間のバーベキュー乱交に参加していたかもしれません。しかし、今年は3年連続で、彼女は自分の小さな反対提案を組織していました。それは月曜日に終了したミートフリーウィークです。彼女はイベントの創設者です。彼女はまた、アメリカに来るものの前触れでもありますか?