Delonghi EC 5、EC 7、EC9のレビューと比較

バケットコーヒーメーカーデロンギEC5Delonghi EC5、EC7、およびEC9 rozhkovyコーヒーメーカーは、非常にエントリーレベルのデバイスです。また、これらはコーヒーメーカーであり、コーヒーマシンではないことを強調したいと思います。つまり、ここでのほとんどすべての操作は手動で実行する必要があります。幸い、これらのモデルのコストは3〜4分の1です。 最も安いコーヒーマシン

原則として、アメリカーノとカプチーノを準備するためにそれらを使用することができますが、古典的な強いエスプレッソはそうではありません。それはすべてポンプの欠如についてです。抽出圧力は、ボイラー内の沸騰水によってのみ生成されます。このクラスのコーヒーメーカーはまさにそれと呼ばれています-ポンプレスキャロブコーヒーメーカー、ボイラー室。

この事実から、実際には、そのようなコーヒーメーカーの他のすべての設計ソリューション、長所と短所が続きます。外部的には、EC5 / EC7 / EC9 Delonguesは本物のエスプレッソマシンのように見えますが、その中の水は、8〜9気圧に対して3〜4気圧の最大圧力でコーヒータブレットを通過します(15〜19は出口で測定されます)ポンプの、そしてポンプ装置の調理室ではなく、圧力がより低い)。



原理はマルチクッカーや圧力鍋に似ています-コーヒーマシンの後ろにある0.4リットルの全金属ボイラーの内部で、水が沸騰し、特別に密閉された蓋とバルブが圧力を最大3〜4バールに抑えますが彼らはこれ以上建設的に保持することができず、水はそのような圧力下にあり、ホーンを通過します。水はボイラータンクの底から引き出されるため、蒸気ではなく水です。

実際、最も単純なものはほぼ同じです。 間欠泉コーヒーメーカー ...一般に、問題のタイプのポンプフリーコーヒーメーカーは、本質的に間欠泉であり、異なるフォームファクターを掛け、いくつかの設定、電気加熱、および泡立てミルク用のカプチーノメーカーを追加しました。

強度(圧力)レギュレーターDelonghi EC7およびEC9には、3つの調整位置を持つ追加のレギュレーターバルブがあります。したがって、圧力を少し下げたり、少し上げたりすることができます。メーカーはこのシステムをVarioと呼んでいます。 EC5モデルにはそのようなレギュレーターがなく、すぐに特定の平均値に設定されます。

実際には、この調整との違いに気付くことはほとんど不可能であるとすぐに言わなければなりません。これがマーケティングの仕掛けではないかどうかはまったくわかりません。したがって、Delonghi Ec5とEc7のどちらかを選択すると、より安価なものを安全に購入できます。

古い9番目のモデルには、独自のIFDシステムの半自動カプチーノメーカーもあります。ちなみに、Delongy EC9は、原則として、市場で最も手頃なコーヒーメーカーであり、ミルク自体を泡立てるカプチーノメーカーを備えています。これはすべての点でより成功した購入だと思います Vitek VT-1514 / 1516/1517

記載されているシリーズの若いモデルでは、カプチーノメーカーはパナレロチューブの形で作られ、カプチーノまたはラテのミルクフロスは手作業で準備する必要があります。原則としてこれは難しいことではありませんが(詳細)、統計によると、コーヒーメーカーやコーヒーメーカーの購入者の約10%はそれを習得できません。

手動および半自動cappuccinatore

左: Delonghi ec5 / ec7のような手動カプチーノメーカー。 場合: EC9モデルから半自動で、ミルクを注ぎ、レギュレーターを蒸気に切り替えるだけで十分です。そして、コーヒーメーカーは既製の泡自体を提供します。

ポンプの欠如はコーヒーにどのように影響しますか?

デロンギEC7とその姉妹の低圧のため、コーヒーの抽出は弱くなります。したがって、ホーンのバスケットにある挽いたコーヒーをここでタンピングする必要はありません。ただし、テンペラでわずかに押し下げるだけで、粉砕は中程度または中程度より少し少なくする必要があります。この影響を軽減するために、バスケット自体はボリュームを増やして作られているため、コーヒーをよりフィットさせることができます。

ホーンマークデロンギEC7

コーンマーク-2または4カップ用

この醸造方法は、点滴と間欠泉のクロスです

したがって、結論-まず、DelonghiEC7でアメリカーノを調理できます。従来のポンプ式キャロブコーヒーメーカーよりも標準的な意味でさえ( アメリカーノ料理のニュアンスについて )。第二に、少量のカノニカルで強くてリッチなエスプレッソを準備することはできません。コードネームが弱いエスプレッソしか飲めません。

最後に、間違ったレシピに従って大量のミルクとコーヒーの飲み物を準備する可能性があります。コーヒードリンク(アメリカーノを除く)のベースがエスプレッソであるという理由だけで、コーヒーショップで購入するものとは異なります。そして、私はすでに2回気づいたように、これらのモデルでエスプレッソを作ることはできません。

Delongy EC5は、このシリーズで最も手頃なモデルです。

Delongy EC5は、このシリーズで最も手頃なモデルです。

説明書を読まない人にとって重要なニュアンス

コーヒーポットの目盛りDelongyES9私は、コーヒーメーカーのデロンギEC5ラインでコーヒーを適切に準備する方法に焦点を当てたいと思います。なぜなら、これらの特定のモデルのほとんどのユーザーはテクノロジーを使用して調理されていないことが実践によって示されているからです。

既製のコーヒーのフラスコのガラスにリスク2、蒸気、4があることは無駄ではありません。最初にボイラーに注がれる水の量を測定するのは彼らの助けを借りてです。

  1. 条件付きの弱いエスプレッソの場合は、2つに水を注ぎます。アメリカーノ、カプチーノ、ラテの場合は、四つんばいに注ぎます。測定した量をボイラーに自由に注ぎ、蓋を締めます。
  2. 次に、コーヒーメーカーの電源を入れ、完成したブラックコーヒーの量が2つになるまで待ちます。エスプレッソのようなものを手に入れたいのなら、これでプロセスは終わりです。
  3. アメリカーノを調理している場合は、注がれた水の全量が経過するまでさらに待ちます。保存則に従って、もう一度4を取得する必要があります。
  4. カプチーノまたは別のミルクコーヒードリンクが必要な場合は、デュースの直後にスチームに切り替える必要があります(EC9のIFDの場合、スチームアイコンも特別に描かれています-に注がれる水の量によるリスクが強調されていますカプチーノの2人前の割合でタンク)。製造業者は、温水ではなく蒸気がボイラーから来ているのはこの瞬間であると計算しました。デロンギEC-5とデロンギEC-7の場合は、手でミルクを泡立てます。デロンギEC-9の場合は、自動カプチーノメーカーが行います。

ボイラー内の残留水は、カプチーノメーカーから排出できます。最大のリスクよりも多くの水を注ぐことは価値がありません-コーヒーは、水がこぼれすぎたり、温度が高すぎたりするため、苦味が出始めます。

ボイラーとカバーDelongyEU 7

外見上、水位が見えない

レビューの結論は何ですか?

このラインのコーヒーメーカーを客観的に評価することは非常に困難です。一方では、おそらくアメリカーノを除いて、あなたはそれらに適切なコーヒードリンクを手に入れることができません。一方、それらのコストはすべての不利な点を中和します(少なくともスターバックスのコーヒーを35〜45ユーロでマシンに搭載することを期待するのは愚かです)。また、さまざまな設定と多様性により、エスプレッソ、カプチーノ、その他の経験の浅い消費者が許容できるレベルのミルクとコーヒーの珍味を手に入れることができます。

おそらく、私は与えられた状況であなたにアドバイスすると言って私のレビューを要約します:

セオを見つめる
    アメリカーノだけを飲むなら、他のコーヒー飲料を準備する予定はありません。次に、使いやすいドリップコーヒーメーカーを検討してください。価格はさらに安くなり、完成した飲み物の量は多くなります。 あなたが純粋にエスプレッソを飲む人なら-このコーヒーメーカーはあなたのためではありません。十分なお金がない場合は、間欠泉のコーヒーメーカーを購入することをお勧めします。エスプレッソの結果が少し良くなり、キッチンのスペースを節約できます。 それらのために、誰 エスプレッソ(強すぎる)のファンではありませんが、アメリカーノとミルクコーヒーの両方の飲み物を飲みます 、予算は非常に限られていますが、デロンギEC-5を選択することをお勧めします。この価格セグメントでのEC-7およびEC-9の追加料金は意味がありません。例外は、手でミルクを泡立てることができるかどうか疑わしい場合です。そしてもちろん、選択肢は1つだけです。DelonghiEC-9です。

すべてのバージョン(アメリカ人だけのファンを除く)では、可能であれば、お金を追加して、レベルのポンプアクションエスプレッソマシンを購入するのが理にかなっています デロンギECO310 また Saeco HD 8325

ホーンマークデロンギEC7

Delonghi EC-5、EC-7、EC-9コーヒーメーカーのフィルターホーンは、15馬力のポンプのフィルターホーンよりも大きくなっています。しかし、スプーンは直径に対応しておらず、テンペラとしては適していません

P. S.誰かがすぐに質問をするかもしれませんが、同じお金でロシアや中国のメーカーからポンプアクションエスプレッソマシンを購入する方が良いかもしれません。例えば Vitek 1513 ?私の答えは、私はそれをお勧めしません。あなたが低価格で株を見つけようとすることができない限り Delonghi ECP 31.21 また Delonghi EC145 / 155 ...今日でも私は5000ルーブルまでの厳しい予算にあります。エスプレッソとカプチーノのどちらが重要かによって、デロンギEC-5と間欠泉コーヒーメーカーのどちらかを選択しました。

モスクワと地域でこのモデルを購入する場所-現在の価格:


Delonghi EC7 / EC5 / EC9コーヒーメーカーの主な技術的特徴:

完全な手順: でダウンロードフォーマットpdf
デバイスタイプ: Rozhkovyコーヒーメーカー
幅x奥行きx高さ: 20 x 27 x 28 cm(Delongi ES5およびDelongiES7)、30 x 27 x 28 cm(Delongi ES9)、
使用済みコーヒー: 接地
コーヒーミル: 番号
醸造グループ: 一つ
すべて表示する仕様
ヒータ: ボイラー、800 W
最大圧力: 3.5バール
水槽: 0.4L
コーヒーコンパートメント: 1つのフィルターを備えた金属ホーン
廃棄物コンパートメント: 番号
カプッチナトーレ: マニュアル-Panarello(Delonghi EC-9を除くすべて)、ミルクコンパートメントを内蔵した半自動(Delonghi EC9)
カップの最大高さ: 100 mm、2カップ用アダプター付き-80 mm
制御機能: 機械的、圧力調整(Delongy EC7およびEC9の場合、効率は疑わしい)
その他の機能: 2カップ用アダプター付属
カラーバージョン: ダークブルー、ブラック

平均評価4.3 / 5のDelonghiEC7 / EC5 / EC9に関する3つのコメントを含む、27のコメント:

  1. レビューありがとうございます、このユニットを購入する前に私がそれに遭遇しなかったのは残念です((((私のcappuccinatorは通常何も泡立てませんでした、バッテリーで泡立て器で泡立てられた非常に良いクリームでさえ)厚い泡。

    ジュリア

    2月5日c 23:45

    • クリームは、原則として、ミルクよりも悪い蒸気で泡立てられます(驚き)。そして、すべてのポンプされていないもののように、蒸気出力があまり良くない場合、それは特に悪いです。

      1月

      2月6日c 09:46

  2. ドミトリーに相談したところ、オフィス用にデロンギEC5モデルを購入しました。一般的に、コーヒーメーカーは悪くありません。素材と仕上がりの品質は良いです。確かに、コーヒーはポンプタイプのイナゴマメと点滴の間のどこかで得られます。当然、クリームの泡に問題はありませんが、コーヒーの味はかなり濃厚です。飲み物の温度に関しても、すべてが正常です。原則として、最終結果に特に批判的でない人は、自宅で購入することもできます(ただし、少し追加して、新しいシリーズからポンプアクションタイプのデロンギ155などを購入します)。そして、それは間違いなくオフィスに持っていく価値があります-彼は一度に2つの通常の部分を準備します。説明書には一度に4つ配れると書いてありますが。アドバイスをくれたDmitryに感謝します!

    アレクセイ

    2月8日c 13:25

  3. 私はこのコーヒーメーカーを1週間使用していて、とても満足しています。その価格のために、かなり良い製品-プラスチックですが、高品質で、すべてがシンプルですが、きしみや歪みがなく、味わい深いです。飲み物は濃厚で、温度が最適であることがわかりました。もちろん、ポンプのように泡はありませんが、これはあなたがあなたのコーヒーを楽しむことを妨げるものではありません。このサイトを提供してくれたDmitryに感謝し、コーヒーのテーマをマスターするのを手伝ってください。

    アレクセイ

    2月10日c 22:09

  4. このホーンでコーヒーをタンピングするためのさまざまなオプションを試しましたが、まだタンピングする必要があるという結論に達しました。同時に、飲み物はタンピングなしの場合や、わずかにそして最もおいしい場合ほど水っぽくないことがわかります。また、フィルターに押し出されたコーヒーの量のマークにより、デロンジーのタンパー(別のモデル、プラスチック、50 mm、スプーン付き)が限界に入るという事実にも注意を向けたいと思います。したがって、このコーヒーメーカーでテンペラを使用する場合は、ネイティブのDelongovsky、またはたとえばスチールであるが50mm未満で十分です。

    アレクセイ

    2月23日c 17:41

  5. ヤン、こんにちは!私は洗練された消費者ではありませんが、興味を持って読んでいます。フィリップスHD7434またはデロンギEC-5コーヒーメーカーが私に合います。 (別のモデルをアドバイスできますか)。多くのレビューは、ドリップコーヒーは冷たいコーヒーを生成し、加熱されたディスクは効果的ではないと書いています、これはいくらですか?選択をするのを手伝ってください。よろしく、ニーナ。

    ニーナ

    8月30日c 19:12

    • 温度は非常に物議を醸すポイントです。コーヒーを含む。アメリカーノは、HD7434のようなドリップコーヒーメーカーによって準備されており、コーヒー機器メーカーの考えに従って沸騰したお湯であってはなりませんが、これは私たちの消費者にとって習慣的ではないことが多いため、不十分なホットコーヒーについての不満があります。

      今、私はあなたに水差しのコーヒーの温度の正確な値を度で言うことができません。正確な調査はエスプレッソマシン(こちら)のみで実施しましたが、挽いたコーヒーの量にもよりますが、準備直後の正常値は75±5程度だと思います。もちろん、それからそれは冷えます。この意味で、ホブは一定の温度を維持するのではなく、コーヒーをゆっくりと冷やすだけです。

      また、指定したモデルはまったく異なるタイプのデバイスであることを理解する必要があります。最初のものはアメリカーノだけを調理し、2番目のものは実際にはエスプレッソとアメリカーノの間の何かのために研ぎ澄まされていますが、実際には人々はそれにもっとアメリカーノを調理します。そしてカプチーノ。そして他の飲み物。

      デロンギEC-5を選んだほうがいいと思います。第一に、最高温度が高くなる可能性があります(これは味を少し損ないますが、このモデルが在庫しているスチームタップから希釈することもできます)。第二に、HD7434ドリッパーとは異なり、EC5イナゴマメは非常に多様性があり、カプチーノのようなものでも、さまざまな飲み物を準備できます。あなたの質問によると、あなたが好きなコーヒーの種類をまだ決めていない方が良いと私には思えます。

      P. S.それでもドリップオプションを選択した場合は、ボッシュの競合他社を安全に見ることができます。たとえば、次のようになります。 品質と動作原理はほぼ同じで、価格はわずかに低くなっています。このレベルよりも安い-私はそれをお勧めしません、臭いプラスチックの可能性がすでに高いです。しかし、デロンギEC5の通常の競合他社はありません。

      Artyom

      8月30日c 20:13

      • Artyomは温度について話します。以前はホットコーヒーにも力を入れていましたが、少し冷やすと香りや味のニュアンスが増すのに気づきました。どうやら、人間の匂いの感覚は、最高温度ではない物質でよりよく機能します。お茶でも同じことに気づきました。一般的に、あまりにも熱く飲んだり食べたりすることは消化管に有害であることがわかります、これから多くの病気があります。

        アンドリュー

        8月31日c 09:22

        • 一般的に、生きることは非常に有害です-それは常に死に終わります。

          アレクサンドル・ウラジミロビッチ

          9月24日c 18:31

  6. そして、古典的なブラジルの方法があります-ドリップとエスプレッソのプロトタイプ。ガーゼバッグが三脚にぶら下がっていて、そこに大さじ1杯の挽いたコーヒーが注がれ、やかんから沸騰したお湯がこぼれます。最も予算的な方法!

    アレクサンドル・ウラジミロビッチ

    9月24日c 18:30

    • ガーゼは繊維とメッシュの両方で異なります。ですから、そこにも探求と成長の余地があります。まあ、すべての水がうまくいくわけではありません。

      アンドリュー

      9月25日c 16:21

  7. Jan、このコーヒーメーカーで飲み物を作る際のニュアンスのヒントをありがとう!同時に2人前と4人前の水の量を教えてください。電球が壊れているので、技術ではなく目で測定する必要があります
    前もって感謝します。

    マリン

    1月20日 16:13

    • はい、そこには技術がありません。これらのコーヒーメーカーは、独自の厳密な名前すら持っていない一種の飲み物を作ります。したがって、私はそれを強いアメリカーノと間欠泉の間の十字架と呼びます。当然、あなたはあなたの好みに合わせてどんなボリュームでも注ぐことができます、これのための古典的なレシピはありません。

      1月

      1月22日 11:54

  8. ポンプ付きのコーヒーメーカーが必要だと理解しています。つまり、-15バー以下です。

    セルゲイ

    18年3月31日 17:06

    • エスプレッソの場合-はい

      Artyom

      18年3月31日 21:38

  9. この記事をありがとう!

    私はこのコーヒーメーカーを1年以上使用しています。私はいつもアメリカーノと同じようなことをクリームでやっていますが、クリームがなくなって黒だけを飲まなければならないとき、コーヒーが不快に酸っぱいことに気づきました。

    私はあなたの記事を読み、私はたくさんの水を注いでいると結論付けました。今、水の量を実験していて、それは良くなっているようです

    エドワード

    6月3日 11:16

  10. こんにちは!教えてください!ここにEUモデル9があります。指示はありません。カップは彼女から粉々になった。カプチーノは絶対に作れません。ミルクは何かを注いでいません。蒸気を当ててバルブを開けているようです。多分私は何か間違ったことをしている。たぶん、ある程度の水と牛乳が必要ですか?目で注ぎます。そして、どのようなシーケンスがありますか?それ以外の場合は、カプチーノを飲みたいと思います。最後の20分間は神経質になり、最後にはコーヒーを飲みます。確かに、ミルクが数回出てきました...私はどのような操作のために自分自身を理解していませんでした)))そしてオンとオフを切り替え、可能なすべてをオフにしました)))私は答えに非常に感謝します!

    メレディス

    6月22日 12:09

    • 正直なところ、とにかくミルクを泡立てるのは非常に難しいので、唾を吐いて泡立て器を買う方が良いです-

      1月

      6月26日 19:52

  11. 記事の作者へ。あなたは最初に一般的なコーヒーを作る技術を理解し、次にどこかからそのようなナンセンスを書いたり書き直したりする前に、コーヒーマシンでコーヒーを作るプロセスを説明します。

    アンドリュー

    7月30日 16:38

    • そのような声明は、詳細がなければ意味がありません。あなたは私が間違っていることを立証するでしょう、あなたが見る、それは役に立つでしょう。

      1月

      8月6日c 11:41

  12. こんにちは。完成したコーヒーがデロンギEC5コーヒーメーカーから流れ出なくなった理由を教えてください。水は温められますが、挽いたコーヒーではホーンに入りません。

    ローラ

    8月21日c 18:07

    • まったくやらない、つまり、ホーンなしで電源を入れても、滴りませんか?

      もしそうなら、最初のバージョン-チューブがスケールで詰まっているので、脱灰してみてください。しかし、一般的に、離れた場所で診断を下すことは困難です。

      Artyom

      8月21日c 21:24

  13. あなたの答えをありがとう、そうでなければ私は非常に混乱しました。これは私の最初の近代的なコーヒーメーカーです(ソビエトのコーヒーメーカーは、まったく異なる動作原理と他のより理解しやすいケアを私に持っていました)。

    ローラ

    8月23日c 14:46

  14. 良い一日!

    EC5モデルのタンクにIFDのリスクがある理由を教えてください。 EC9モデルにはIFDカプシネーターがあるようですが、EC5のコンテナーにリスクが課せられた理由は明らかではありません。

    ダニエル

    6月3日20日 18:07

    • さて、パーツ/パーツが統一されているので。

      アルテム

      6月3日20日 18:36

  15. ヤン、あなたは強いアメリカーノと間欠泉の間の十字架を書いています。間欠泉との違いは何ですか?結局のところ、テクノロジーは同じですが、あなたがそれを呼んだように、それは異なるフォームファクターで実装されています。
    同じ観点から、粉砕の問題:間欠泉の場合と同じように解釈する必要がありますか、それとも違いがありますか?

    ビクター

    3月19日 09:32

    • そうです、間欠泉のようです。私は正直なところ、そのような醸造所からのコーヒーを長い間飲んでいませんでしたが、間欠泉の記憶から、それは通常少し豊かであることがわかりました。しかし、非常に似ています。
      グラインドも同様です、はい。

      1月

      3月20日 15:35