聴衆からの助けが必要です:デロンギホーンの自動シャットダウンをバイパスする方法

専門家に質問がありました。自家製のデロンギエスプレッソコーヒーメーカー(ECO、ECP、ECI、ECZ)で非アクティブになることにより、標準の自動シャットダウンをバイパスする方法を教えてもらえますか。ロジックのブロックがこのビジネスを担当しています。これは、私のアマチュア的な仮定でECO311の例を使用して以下に示されています。数本のワイヤーを差し込んで、電源を直接接続することでタイマーをバイパスできるのではないかと疑っています。言葉でのコメント、解決策へのリンク、またはdmitriy@101kofemashina.ruのいずれかで教えてください



デロンギ自動シャットオフユニット

コーヒーマシンcaffitaly

デロンギ自動オフタイマー

デロンギの機械式コーヒーメーカーの自動シャットダウンをバイパスする


よくある質問

  1. Gaggia Vivaでこれをどのように実装したかを説明します(おそらくDelonghiにも同様のバージョンがあります)。

    そこには30分のタイマーが電源スイッチボタンに組み込まれています。
    ボタンには3つの接点があります。それらのうちの2つは220Vの供給電圧を切り替え、1つはタイマーモードを制御するのに役立ちます。

    タイマーをオフにするコツは簡単です。ボタンのタイマー制御接点からワイヤーを外す(そして絶縁する)必要があります。

    PS。少しググったところ、シルビアにも同様のタイマーがあることがわかりました(EUの要件:指令、ESD指令など)。

    ブルジョアの人々はそこで苦しんでいますが、彼らは切断の問題を解決することができませんでした。誰かが段ボールでボタンを詰まらせた、他の誰かがどういうわけか...

    AuberからPIDをインストールした後、タイマーによる自動シャットダウンの問題を解決することを期待する人もいます。

    トニー

    4月11日20日 16:02

    • その灰色のケーブルはタイマーコントロールのようです。しかし、最初の写真のように切断しようとすると、電源ボタンを押すとすぐにコーヒーメーカーがオフになります。同時に、白いボックスHF7FD内で1対のLEDが点滅しているように見えます。

      1月

      4月11日20日 18:02

      • そして、ボタンからコネクタを外すと?ボードからではなく、ボタン自体から。ボタンの制御接点が接続されていないままになるようにします。

        トニー

        4月11日20日 19:01

    • また、私はこのオプションを提案します:あなたはスイッチのマーキングを見る必要があります。何が書かれていますか?側面から見えない場合は、取り外すか、別の方法でマーキングを表示する必要があります。

      次に、そのデータシートを探して、タイマーが組み込まれているかどうかを確認します。この瞬間から、決定はさらに掘り下げる方向に依存します。

      タイマーがある場合、金色の鍵は私たちのポケットにあります(ほぼ)。
      そうでない場合は、ボード上の回路を探して対処する必要があります。

      どのようなタイマーがあり、それをバイパスすることは可能ですか?

      トニー

      4月12日 02:47

      • 私のように、スイッチではグレーとブラウンが接続されています。その場合は、スイッチから切断して一緒に接続する必要があります。そして、ボード上の所定の位置に灰色のワイヤーを接続します。

        (写真では、シャッターの後ろには何が何に接続されているのかは見えません)。

        トニー

        4月12日 02:56

        • タイマーはボタンではなくボード上にあると確信しています。

          しかし、良心をクリアするために、私はこれを行いました。グレーとブラウンは実際に接続されています。ボタンからそれらを切断し、グレーをボードに接続しました。コーヒーメーカーは電源を入れても反応しません...

          1月

          小さなコーヒー

          4月12日 13:51

          • タイマーがボード上にある場合、電源回路はリレーを切り替えます。

            このタイプのバイパスの本質:220ボルトがスイッチから来る回路に沿って見つけてください:それはリレー接点にあるべきです。

            リレーの種類、接点の数などを確認してください。整流をバイパスして1本のワイヤを投げます。すべての。

            しかし、これはまだ理論です。

            PS。コーヒーメーカーの電源を切った瞬間に、電気ボックスの入り口にある自動機械が作動したかのように、このような特徴的な不快なカチッという音が大きく聞こえた場合、タイマーはボタンにあります。

            そして、その位置を含む。オンオフ-変更する必要があります。つまり、機械的に。

            これがすべてそこになく、位置が含まれている場合。そして、切断後も残っているので、おそらくタイマーはボード上のどこかにあります。

            トニー

            4月12日 14:31

  2. テスターを使用して、主電源プラグからボタンの接点までリングします。スイッチのオン位置にある220ボルトの回路です。

    ボタンの2つの接点が鳴るはずです。これは電源切り替えです。触れる必要はありません。

    220V回路に関係のないものを外す必要があります。

    トニー

    4月12日 14:38

  3. コーヒーメーカーの電圧がボード上のリレーによって切り替えられる場合、タイマーをバイパスするための別のオプションがあります。

    リレーHF7FD。データシート http://files.rct.ru/pdf/relay/hf7fd_en.pdf

    ボード上のリレーのタイプ(5ピンまたは6ピン)に応じて、ジャンパーがはんだ付けされ、リレーの切り替えをブロックします https://i.imgur.com/gH80XP9.png

    はんだ付けする前に、これがまったく同じであることを確認する必要があります。右上隅の接点のテスターで220 Vの電圧を測定します(上のオプション)。マシンが実行されている場合、たとえばがあります。 220V。(タイマーによって)無効になっている場合、そこにはありません。

    または、逆に、リレーの中心に回転の中心がある時計の針(転流)の形で描かれている接点を測定します。 PCBレイアウトによって異なります。

    トニー

    4月12日 20:57

    • ああ、ありがとう、これは試してみるものです。

      1月

      4月13日 10:58

  4. こんにちはヤン、タイマーをバイパスするには、端子J2-LとJ3-OUTを閉じる必要があります。 5ピンリレーすべての回路で、Lは220 Vの入力電圧を示し、N-ニュートラル(O V)-これはすべて条件付きです。もちろん、電気技師がどのようにワイヤーをコンセントに導いたかによって異なります:-)。 OUT-タイマーリレー付きの出力。すべてが機能するはずです。

    セルゲイ

    4月13日 15:31

    • 一般に、J3-OUTから黒いワイヤーを取り外し、J2-Lから既に取り外した灰色のワイヤーに接続して(互いに接続し、醜いですが、機能します)、絶縁することができます。そうすれば、何もはんだ付けする必要はありません。

      セルゲイ

      4月13日 15:37

      • ありがとう、セルゲイ。 J2-LとJ3-outのワイヤーを接続してみました。このスキームでは、オン/オフボタンは通常無視されます。コーヒーメーカーが接続されている間、電源がオンになっています。オン/オフボタンを押しても何も起こりません。どうやら、これはすべてのボタンの完全なバイパスとボイラーへの直接の電力伝達です。しかし、原則として、このオプションにはすでに生存権があります。ソケットからプラグを抜くか、サージプロテクタのオン/オフを使用できます。

        1月

        4月17日 10:41

        • こんにちはヤン、私は少し間違えました、私は電源ボタンがいくつかの古いテレビのようだと思いました。 2接点のラッチボタンしかないことが判明しました(図を見つける必要さえありました)。
          この場合、J5-ON端子からの赤い線とJ3-out端子からの同じ黒い線を接続する必要があり、すべてが正しく機能するはずです。
          図へのリンク: https://forum.expert-cm.ru/index.php?action=dlattach;topic=16303.0;attach=29936;image
          よろしく、セルゲイ。

          セルゲイ

          4月17日 15:54

          • いいえ、ボタンはラッチされていません。回路が常に直接閉じられている場合は、以前のバージョン(黒とグレー)が最も機能していることに気付いたようです。

            後者のバージョン(赤と黒)では、ボタンが実際に押された状態で固定されていれば、すべてが機能します。しかし、それは跳ね返り、車は切り倒されます。どうやら、アイデアによれば、彼女はタイマーを1回閉じるだけで、オンにできると言って1つのコマンドを実行するだけです。そして、他に何もそれを通って通勤しません。つまり、タイマー制御信号(閉じる)とタイマー(開く)のみを送信します。

            タイマーに2つの接点をはんだ付けする必要があるようです。

            1月

            4月17日 20:33

            cezva it
            • それは残念です、インターネットからのビデオは修正されました、そしてあなたはコーヒーボタン(それが修正されているなら)とオンボタンを交換しそして次に固定されていないボタンを押し続けることによってコーヒーを出すことができます、あなたは待つことができるようです:-) )それとも、あなたのバージョンにもスプリングロードされていますか?

              セルゲイ

              4月17日 22:01

              • 固定すれば、ええ、できます。しかし、ハードバイパスを使用するオプションの方が便利だと思います。+上の図に示すように、リレー接点のジャンパーのオプションをテストする必要があります。

                1月

                4月20日 09:21

  5. はい、J4-F1から茶色のワイヤーを取り外して絶縁した後、J3-out端子とJ4-F1端子の間にジャンパーを置くと、タイマーをバイパスしてオンオフ機能を終了できると思います。ポンプの永久運転(ポンプが作動しているとき、タイマーはオフにできません)。しかし、これは正確ではありません。残念ながら、このタイマーボードの回路図は見つかりません。パワーフィルターをオフにすることはどういうわけかうまくいかないので、何かがうまくいくことを願っています:-))

    セルゲイ

    4月17日 22:42