日本でクラフト醸造が再び目覚める

最近のHストリートのトキアンダーグラウンドでの夜、豚肉とラーメンの煮込みの香りが、私のビアグラスから漂うグレープフルーツ、レモン、松と溶け合いました。一口ごとに馴染みがあり、異国情緒がありました。アメリカのインディアペールエールのような柑橘系でありながら、落ち着きのある神秘的で、オレンジジュースの塊ではなく、山腹の果樹からだまされた何かを思い起こさせます。

エールには、日本のクラフトビールであるジビルの特徴であるエレガンスが含まれていました。はい、IPAでしたが、おぜのゆきどけと呼ばれ、群馬県と呼ばれる丘陵地帯と温泉の産地でした。

コーヒーのすべて

トキは、日本で最も有名ではないが最もエキサイティングな美食の輸出品の1つを特徴とする多くのワシントンのレストランの1つです。ラーメン店や居酒屋と呼ばれる小皿料理のスペシャリストが急増しているため、ここ数か月、Uストリートの居酒屋関やアダムズモーガンのターンヌードルなどがあります。ありがたいことに、ジビルがあります。日本の醸造所がアメリカとヨーロッパのビールスタイルを再解釈し、バランスと洗練の独自の美学を追加し、時には米やサツマイモなどの地元の食材を追加する方法を今まで以上に簡単に味わうことができます。



ビールは日本で最も人気のあるアルコール飲料であり、アサヒ、キリン、札幌の3つのブランドが市場を支配しています。これらはすべて、19世紀後半に導入されたドイツ風のラガーです。しかし、小さな醸造所は、政府がそれらを禁止していた法律を廃止した1990年代半ばまで日本に存在することができませんでした。それでも、国は独自のビールの伝統を欠いており、自家醸造は違法のままでした。

ji-biruが始まったとき、それは少なくとも50%がドイツ式でした、と日本の創設者であるアメリカ人のBryanBairdは言います。 ベアードブリューイング 2000年に設立され、国内で最も尊敬されているクラフトビール醸造所の1つです。さらに、クラフトビールが主に自家醸造家とそれを愛するためにそこにいた人々によって運転されていた米国とは異なり、日本では最初からほとんど企業であったと彼は言います。

いくつかの職人の醸造所は、以下を含む、より活気のあるシーンへの道を開いた Kiuchi Brewery, だいだいエールはアメリカで最も有名なジビルになりました。アメリカのペールエールとベルギーのスタイルのリフが一般的になっています。

無料のコーヒーマシンのレンタル

コネチカットに本拠を置くB.UnitedInternationalの創設者でHitachinoビールを輸入しているMatthiasNeidhartは、これらの醸造所の多くが実際に地元のひねりを加えていると言います。地元の食材、おそらく地元の熟成方法、おそらく地元の熟成容器や樽を持ち込むことは、米国とまったく同じように、あなたがしなければならないことの一部です。

特に普及しているのは、多くの人がはっきりと日本人だと考えるニュアンスのある外国のスタイルの単純なバージョンです。

IPAと多種多様なスタイルがありますが、これらのビールは、多くのアメリカのクラフトビールに見られるような攻撃的なフレーバープロファイルを持っていないことがよくあります、とIzakayaSekiのCizukaSekiは言います。

TokiUndergroundの飲料ディレクターであるColinSugalskiも同意し、日本のダークビールでさえそれほど強烈ではないと指摘します。それらは大きく、頑丈で大胆ですが、それでも軽い面があると彼は言います。

確かに、ji-biruの1つの側面は本当に大きくて大胆です:その価格です。ワシントンでは、レストランは12オンスのボトルを8ドルから12ドルで販売する傾向があります。ジョージタウンとチェビーチェイスのスシコレストランの共同経営者である歌川大輔と、次のペンクォーター居酒屋大茅を含め、誰もが承認するわけではありません。

コーヒーのためのすべて

私たちは常に価格要因について考えなければならない、と彼は言います。ビールや日本料理で探索することはたくさんあります。日本のビールである必要がありますか?そうは思いません。

それでも、ジビルを試してみた飲酒者は、特別な夜の外出中でも報われます。出発点としては、オレンジ、ナツメグ、リースリングのようなフルーティーさを備えたベルギースタイルの小麦ビール、広く入手可能な日立野ネストホワイトエールが出発点として適しています。

一方、だいだいエール赤米エールは、米が25%含まれ、日本酒とエール酵母の両方で発酵されているため、イチゴのような香りとキャラメル、リンゴ、プルーンのような味わいの、分類が難しい琥珀色のビールになります。ブランドのエスプレッソスタウトは、コーヒー、イチジク、コーラのフレーバーの絹のようなバランスの取れた混合物です。

探すべき他の醸造所には、Coedoがあります。CoedoBeniakaは、暗いベルギーのエールに似たスパイシーなサツマイモビールです。ピルスナーのようなコシヒカリライスラガーにトーストした穀物のヒントが含まれている越後国。ヤッホーブルーイングは、ヨナヨナペールエールがトロピカルフルーツでいっぱいです。

de'longhi esam 2600

次に、ベアードブリューイングの黒船ポーターがあります。これは、コーヒーとキャラメルのフレーバーのエレガントな混合物で、多くのアメリカのダークビールよりもボディが軽く、異常に乾燥しています。日本の美学は単純さの美学であり、単純さの中に波と複雑さの波があります、とブライアン・ベアードは言います。

日本の影響がなかったら、こんなビールは作れないと思います。

フリーランスのライターであるフロムソンはワシントンに住んでいます。 Twitterで彼をフォローしてください: @dfroms