ボルドーのDIYバレルのコスト:14,000ドル以上。経験?貴重です。


アーリントンのワイン愛好家ハンク・ウェロネン、右、シャトー・リンチ・バジェスのチーフワインメーカーであるダニエル・ローゼと、フランスのボルドーの中心部にあるDIYワイナリーであるビニブ。 (提供:Hank Werronen)

ボルドーが途方もなく高価になったとき、ワイン愛好家は何をしますか?掘り出し物に限らず、友達を集めてDIYをすることもできます。

それがアーリントン在住のハンク・ウェロネンがしたことです。彼はカナダとイギリスからの何人かを含む14人の友人を募集し、 ビニブ 、ボルドーの日曜大工ワイナリー。彼らは、2015年のヴィンテージから6バレルのワイン(それぞれ約25ケース、つまり300本のボトルを保持)を生産しました。各樽は、パーマー、ピションバロン、モントローズ、フィジャック、エンジェルス、スミスオーラフィットがインスピレーションを与えて、一流のシャトーをモデルにしています。このグループは、Vinivの最大のプロジェクトになりました。ウェロネンは、彼の個人的なコレクションのアートをラベルに使用しています。これは、シャトームートンロートシルトが有名なアーティストを募集してラベルをデザインするという伝統に賛同しています。ワインはマッカーサービバレッジによってグループのために輸入されます。

ボルドーの左岸にある有名なカベルネソーヴィニヨン中心のアペラシオンであるポイヤックに位置するVinivは、アメリカの起業家StephenBolgerとChateauLynch-BagesのCazesファミリーの合弁事業です。 DIYの側面により、元気なボルドー愛好家は、ボルドーの名高いアペラシオン全体のブドウ園で栽培されたブドウから独自のブレンドを作成できます。スウェットエクイティは、プロのワイン醸造業者とワインメーカーによって行われます。 Vinivのクライアントは、ワイン造りのより魅力的な側面を楽しんでいます。セラーでの樽の試飲、ワインに最適な製法を見つけるためのブレンドセッション、そしてもちろん、ワインの国を訪れて独自のワインを作る体験です。スター品質の要素もあります。各チームは、リンチ・バージのチーフワインメーカーであるダニエル・ローズとブレンドについて緊密に協力しています。ブドウのブドウ園の供給源にもよりますが、費用は1バレルあたり約14,000ドルからです。



DIYワイナリーのコンセプトは、北カリフォルニアのCrushpadによって開拓されました。ボルドーへの拡大の試みは2012年に失敗しましたが、Vinivに影響を与えました。バージニア州のヴィントヒルワイナリーは、地元の好奇心旺盛な人々に、バージニア州、カリフォルニア州、またはワシントン州で栽培されたブドウからワインを作る機会を提供しています。

退職したヘルスケアエグゼクティブのウェロネンさん(74歳)は、米国心臓協会が主催する毎年恒例のワシントンD.C.のワインオークションであるハートズディライトを通じて2014年に購入した旅行で、妻のベッツィとボルドーをツアー中にビニブを発見しました。彼はチームを採用する前に、2014年ヴィンテージの1バレルをブレンドして、2015年のブドウからボルドー全体から6バレルを製造しました。

チームは、昨年5月のボルドーでの1週間の滞在中に、最初のブレンドを行いました。数人のメンバーが、2月にスペインのリオハ地域にあるホテルマルケスデリスカルで、Lloseの助けを借りて最終的なブレンドを微調整しました。そこでは、Vinivがクライアントチームを集めて2015年を終えました。いいえ、ワイン造りは必ずしも大変な作業ではありません。今では、物質的な所有物よりも経験を重視する新しい贅沢な文化の一部となっています。この場合にのみ、あなたはあなたが作るのを手伝ったワインを持っているという満足感を得る。

ワシントンでの最近のテイスティングで、ウェロネンは彼のチームの何人かと数人のゲストを招待して、今年の夏に瓶詰めされる最終的な2015年のワインの樽のサンプルを味わいました。シャトー・パーマーをモデルにしたマルゴー、バレル3に感銘を受けました。これは、グラファイトとブラックカラントの果実の古典的なボルドーの特徴を示しています。グレイブスのスミスオーラフィットをモデルにしたバレル5は、プラムとブラックベリーのフレーバーを備えたミントで、私の2番目のお気に入りでした。

眼科医でワインブレンドチームのメンバーであるフランクアシュバーンは、特にマルゴーが好きでした。私はかつてバラを栽培していましたが、ボルドーは香水工場のようなものだと彼は言いました。フィネスは素晴らしく、ワインはフローラルで複雑だと思います。

ウェロネンは、1960年代にカーネギーメロン大学の大学院で、好奇心旺盛な教授が彼に世界最高のワインのいくつかを紹介して以来、ボルドーの恋人でした。当時、トップのボルドーは1本あたり約10ドルと高価であると考えられていました。

22歳の時までに、私はすべての素晴らしいボルドーを味わっていた、とウェロネンは私に言った。それ以来、私はそれを買う余裕がなかったので、それは困難でした。

彼の舌はしっかりと彼の頬にあったかもしれませんが、ウェロネンはある意味で、ボルドーのトッププロデューサーの価格が近年急騰したことを厳しく非難していました。裕福で長年の顧客が今日の価格で吠えている場合、ボルドーの上層部は、世界経済の不安定性に対して脆弱で超富裕層の狭い市場にますます依存する可能性があります。

ウェロネン氏によると、最初の成長は軌道外で価格設定されており、現在、2番目の成長は高すぎるようになっています。去年持っていた最高のボトルはシャトーパーマーでしたが、ボトルに300ドルを費やしたくありません。

彼はチームのワインのサンプルでグラスを上げました。これは約50ドルかかります。

そして、ワインを作るためにボルドー、またはリオハに数回旅行しました、私は尋ねましたか?彼は再び微笑んだ。

これは素晴らしい経験であり、高品質の製品を作るチャンスだとウェロネン氏は語った。私はこれを誇りに思っています。