寒い時期には鍋が必要で、このポップアップのしゃぶしゃぶがお届けします

ネイビーヤードのホエーリーズにある冬のポップアップ、フユで赤味噌、リブアイ、エビ、ホタテのしゃぶしゃぶ。 (Deb Lindsey / TEQUILAの場合)

200mgはいくらですか
トム・シエツェマ料理評論家 2019年1月11日 トム・シエツェマ料理評論家 2019年1月11日

ネイビーヤードにあるシーフードをテーマにしたWhaley’sのシェフであるダニエルペロンは、春からポップアップをしたいと思っていました。冬はそれをするのに最適な時期です。

そして、しゃぶしゃぶは、寒さに変わりつつある天候に対する理想的な是正策です。それでは、現在請求されているものの再考されたダイニングルームの改訂されたメニューでDIY鍋を探してください 富有 、または日本語で冬。



ホエーリーの常連客は今でもレストランで人気のシーフードタワーを見つけることができますが、12月からアジア風の小皿料理と特製のしゃぶしゃぶが加わりました。 —そして、泡立つ目玉に浸すための生のシーフード、薄切りの肉と野菜のプレート。

トムシエツェマのD.C.レストランの殿堂

サーバーのアドバイスに耳を傾け、私の持ち物は赤い味噌のベース(うま味が増えました)と、ホタテ、エビ、リブアイの3つの自分で選んだアドインを注文します。それらの系統はメニューで強調表示されています。スープが沸騰し始めると、ウェイターは鍋に野菜を追加し、数秒で調理される深紅色の牛肉の前にシーフードを追加して、自分で食事を終える方法を教えてくれます。 (しゃぶしゃぶの名前は、鍋の中の箸のスウィッシュスウィッシュの動きに由来しています。)ピクルス、新鮮なわさび、ポン酢のディップソースの3つの調味料が優れたスパークプラグになります。生姜梨米酢をくすぐったサクサクのきゅうりは、特に癖になります。

最後の選択肢が鍋から取り出されたら、濃厚なスープに、別のコースのように落ちるもののために、厚くて手で切ったうどんを入れます。ご存知のように、丸呑みは完全に許容されます。この動きは、蒸し暑い小麦粉の麺を冷やします。

このキューバ人シェフはパーティーを始める方法を知っています

ペロンによれば、顧客の90%が要求するしゃぶしゃぶは、たった1つの魅力です。ふゆの魅力は、薄切りの松茸を添えたあさりの味噌蒸しにまで及びます。熟成魚醤で提供される青銅色の野菜の天ぷら。そして、剃った冬のトリュフでドレスアップしたユニアンドロブスターカスタード—幽霊の出る大地と融合したクリーミーなサーフ。最も魅力的な料理は、メバチのひだと、透けて見えるキンカンのスライス、カリカリの糸のように細い海の豆、フルーティーな柚子オリーブオイルの軽い保湿剤を集めたものです。最も巧妙な構造は、キャベツを重ねたサンドイッチととんかつのように見えるものですが、実際にはカリカリにスライスしたアンコウで、日本のマスタードでブラシをかけ、風通しの良いパン粉でコーティングしています。海を経由するシュニッツェルを想像してみてください。

広告ストーリーは広告の下に続きます

食事のあらゆる側面が一時的なテーマに同意します。バーからはプレミアムジャパニーズウイスキー(昔ながらのウイスキーを試してみてください)が流れ、デザートには冬の柑橘類で強化されたスフレチーズケーキが含まれています。味噌と柚子で味付けしたキャラメルソースが、エンジェルフードに似た繊細な菓子を甘くします。

誘惑

ふゆの思いやりのある料理は当然のことです。 29歳のペロンは、いとこのニックとデビッドワイズマンが共同所有するサウスウェストウォーターフロントとホエーリーズに移る前に、オーバルルーム、フィオラマーレ、ブルーダックタバーンで働いていました。

2018年秋のダイニングガイド

高い壁を泳ぐ魚の群れと高くなった生のバーで飾られたインテリアは相変わらず魅力的で、100個以上の提灯が上から吊り下げられ、かわいい箸がテーブルに置かれています。本当に、夕方への唯一の湿し水は、彼らが川の正面玄関に入るとき、到着に続く寒さです。厚いドレープは最小限のバッファーになります。繰り返しになりますが、寒さの量は、一見すべてのテーブルの上にある熱源に私たちをより感謝させます。

広告ストーリーは広告の下に続きます

ポップアップの最終的な有効期限である3月がライオンのようにやってくるといいのですが。ふゆはできるだけ長く走る価値があります。

301ウォーターストリートSE。 202-484-8800。 whaleysdc.com 。しゃぶしゃぶ、29ドルから34ドル(2人でシェア)。

食品からのより多く:

お熱いのがお好き。 Pappeのインド料理はそうする人のために作られています。

ヘーゼルの新しいシェフがコースを変更し、トルコに向かって舵を切ります

コーヒーメーカーフィリップス

FirstBiteコラムアーカイブ

その他のトム・シエツェマのレビュー/トムに聞く

コメントコメントGiftOutlineギフト記事の読み込み中...