豆と挽いたエゴイストコーヒー(Egoiste):種類、説明、価格、モスクワ/サンクトペテルブルクおよび地域で購入する場所

インスタントコーヒーエゴイスト(プラチナ、XO、VS)は、リソースのトピックに適合しないため、この資料の範囲を超えています。豆から、できれば焙煎したての豆から調理します。それは比類のないほど美味しく、1グラムのコーヒーの点でさらに安いです。

ただし、焙煎したてのコーヒーにまだ到達していない場合(そして私はそれを強くお勧めします)、エゴイストコーヒーの種類に関する以下の説明が役立つ場合があります。同時に、私の個人的な意見では、店で購入したコーヒーは、原則として、運送会社または宅配便業者が焙煎したてのコーヒーの配達を遅らせ、何かで数日間中断する必要がある場合にのみ飲むことができます。ただし、このレビューを書いている時点では、EgoisteはLavazzaよりも優れていると思います。

Coffee EgoisteEgoisteロゴ



ちなみに、Egoistブランドは、Bushido、Todayのブランドと同じように、ロシアの会社KHORS CoffeeHouseに属しています。同時に、穀物と挽いたコーヒーのエゴイスト自体は、ドイツ(この場合、ドイチェエクストラクトカフェの実際の生産者-最初の3つ、以下のリストから最も人気のある品種)とオランダ(の実際の生産者)で生産されていますUCC Coffee Benelux)。パック内の宣言された実際の焙煎の程度は、豆の組成と同様に、一般的に同じです。穀物自体の品質は、店で購入したコーヒーとしては高レベルです。

コーヒーマシンの比較
コーヒー豆EGOISTE 'エスプレッソ'、コンゴウインコ..。
  • グラウンドコーヒー9
  • 最後の2つの品種(グランクリュとトリュフ)はまだ珍しいノベルティであり、どこからでも購入できます。

    残りの部分-どの屋台でも、問題は鮮度です。これは重要です。 1〜3ヶ月のパックを購入すると、特定の最初の緑の穀物に特徴的なクリアな色合いのまともな味を楽しむことができますが、まったく幻想的ではありません。レビューから判断すると、最近偽物に出くわしました。

    黒わがまま

    • エゴイステノワールコーヒー豆のパック粉砕(真空パックで100および250 g)および豆(250 g、500gおよび1kg)。
    • エチオピアとパプアニューギニアからの洗浄されたアラビカ豆のブレンド。ミディアム(シティ)ロースト。香り:花、シリアル、野菜。

    最も人気のあるタイプのコーヒーはエゴイステです。かなりバランスが取れており、ミディアムボディで、やや柔らかい。寄生的な苦味(ほとんどが木質のタルト苦味が存在するが)または明るい酸味(ドライフルーツの繊細な酸味があるが)はない。パプアニューギニアのコーヒーに非常に特徴的な花の甘いノートと野菜やシリアルのヒントがあります。

    ストアコーヒーが穀物テロワールの特徴(地域の地理的および気候的特徴)を保持している場合、それは非常に価値があります。エスプレッソ、トルコ、間欠泉、フレンチプレスに適しています。代替案(じょうご、ドリップコーヒーメーカー)では、さらに悪いですが、可能性もあります。ミルクと一緒に使用できます。

    以下の表では、モスクワ、サンクトペテルブルク、およびオンラインストアの地域での実際の価格と特定のブレンドの購入場所を以下に示します。

    Egoiste Espresso(Egoiste Espresso)

    エゴイステエスプレッソコーヒー豆のパック

    • 挽いたもの(真空パックで250g)と豆(250gと1kg)。
    • コロンビア、ブラジル、ペルーからの洗浄されたアラビカ豆のブレンド。もちろん、ブラジルはそれ以上のものです。ダーク(ウィーン)ロースト。香り:ココア、ヘーゼルナッツ、ダークチョコレート、皮。

    エスプレッソとミルクドリンク(カプチーノ、ラテなど)の特別グレード。ダークチョコレート、カカオ豆、ローストナッツ、柑橘類の皮の際立った苦味、キンカンのわずかな酸味のある甘さ。後味にオレンジグレープフルーツの酸味が感じられます。非常に典型的なイタリアのエスプレッソで、柑橘系の香りが口に含みます。

    トルコ人、間欠泉、もちろんエスプレッソコーヒーメーカーや自動コーヒーマシンで調理すると、ミルクと非常によく合います。じょうご、プーロバー、ドリップコーヒーメーカーなどの代替品で調理すると、ひどい結果になります。

    ミルク泡立て器購入

    エゴイストのどのコーヒーを購入するのが良いかという質問に簡単に答えるように求められた場合(購入者の好みを説明せずに、他のすべての条件は同じです)、おそらくこのブレンドを最も用途の広いものとしてお勧めします。

    エゴイストベルベット(エゴイストベルベット)

    エゴイストベルベットコーヒー豆のパック

    ラテカップ
    • 挽いたもの(真空パックで200g)と豆(200g)。
    • エチオピアとパプアニューギニアからの洗浄されたアラビカ豆のブレンド。ミディアム(シティ)ローストですが、実際にはノワールよりも軽いです。アロマ:ワイン、フルーツ、ドライフルーツ。

    ベースはサヤインゲン(ノワールと同じ)で、焙煎の程度は同じと言われていますが、実際には焙煎プロファイルが異なります。その結果、メーカーは苦味を取り除き、わずかに甘さを増し、酸味を強調しました。野菜のノートはまだ感じられますが、よりタルトです。紫色のパックには、リンゴ、ナシ、プルーン、ドライアプリコットなど、より多くの果物とドライフルーツが含まれています。酸味は、ワインのようなアルコールを基調とした発酵処理に似ています。一般的に、より柔らかく、より柔らかな品種の愛好家のために、繊細であるが顕著な酸味と虹色の色合いがあります。それは別の準備方法(漏斗、ドリップコーヒーメーカー、エアロプレス)でうまく開き、ミルクとうまく合いません、飲み物に酸っぱい記述子を追加します。

    Egoiste Grand Cru(Egoiste グランドクルー)

    • 挽いたもの(真空パックで250g)と豆(250gと1kg)。
    • ブラジル、コロンビアのエチオピアからの洗浄されたアラビカの混合物。ミディアム(シティ)ロースト。香り:野生のベリー、花。

    エゴイストグランクリュコーヒー豆のパック

    UCC CoffeeBeneluxによってオランダで生産されました。イチゴ、ワイルドストロベリー、リンゴンベリー、クラウドベリーなどの明るいベリーの香りがする、柔らかく包み込むような味わい。バニラ、ジャスミンのヒントがあります。後味には、カシューナッツ、スギ、マカダミアなど、甘い傾斜のあるナッツのようなノートがあります。ドリンクはふっくらとした軽いボディで、ファンネル、エアロプレス、ドリップコーヒーメーカーなどの代替の準備方法に最適です。ミルクとの相性が悪い。非常にまともな店で購入したコーヒーで、さわやかでクリアなベリーの酸味がありますが、不快な辛味はありません。

    わがままなトリュフ

    • 挽いたもの(真空パックで250g)と豆(250gと1kg)。
    • ブラジル産の洗浄済みアラビカ種のモノソート。ミディアム(シティ+)ロースト、ノワールよりも濃い。アロマ:チョコレート、ナッツ、ココア。

    エゴイストトリュフコーヒー豆のパック

    UCC CoffeeBeneluxによってオランダで生産されました。柔らかく包み込むと同時に、ブラジル産のクラシックな品質のアラビカ種の濃厚でコクのあるチョコレートの味わい。ファインカップの仕様が宣言されました(これについては、焼きたてのブラジリアンコーヒーに関する私の記事で詳しく読んでください)。ショップコーヒーでこのような情報を見たのはこれが初めてです。さわやかなナッツ:アーモンド、クルミ、ローストカシューナッツ、高い甘さ。最小限の酸味と寄生苦味。すりおろしたココアのやわらかい苦味。ほとんどのカジュアルなコーヒーを飲む人が愛するバランスの取れたニュートラルなフレーバー。自動コーヒーマシン、エスプレッソマシン、トルコ、間欠泉、フレンチプレスでの調理に最適です。しかし、じょうごで料理を試すこともできます。ミルクとよく合います。