チャットの残り物:感謝祭のために2つの七面鳥を試してみてください

今日のフードでの感謝祭の料理の素晴らしいコレクションは、 ボニーS.ベンウィック のストーリー ターバーキング パトウマックファームのレストランの 。シェフは、バージニアの歴史と彼自身の歴史に基づいた、8つの素晴らしいホリデーレシピを提供してくれました。

また、5人のフードスタッフが感謝祭のアハ体験について書いています。それは、永続的な休日のジレンマを解決する方法についての突然の認識です。 ジョー・ヨナン 休日の食事の目玉にふさわしい2つのビーガン料理とデザート用のビーガンパンプキンパイを紹介します。と デイブ・マッキンタイア さまざまなタイプのホリデーティップルの提案があります。国内外の職人メーカーのハードサイダー、人気が高まっている低アルコール飲料です。

まだまだありますので、読み始めたほうがいいでしょう。しかし、時間を残してください。食べ物中心の休日が近づくにつれて、それは常に本当に忙しくなり、そして本当に興味深いものになります。今週も例外ではありません。特別ゲストとして、シェフのターバーキングが料理に関するあらゆる質問に答えてくれるのは幸運です。活気に満ちた有益な時間になることを約束するために、正午に現れるように招待されています。



ボールを転がすために、ここに残りの質問があります:

私は購入する七面鳥のサイズについての記事を読み、より多くの群衆のために2羽の小さな鳥を調理するという推奨に興味をそそられました。それはどのように機能しますか:同じローストパンまたはサイドバイサイドパン?調理時間の調整はありますか?私は今、ゲストに2種類のトルコの味を提供できるというビジョンを持っています。そこに何か提案はありますか?

それはどのように機能しますか?それを試した料理人によると、それは美しく機能します。

Foodの10年前の記事では、2羽の七面鳥のアイデアの利点が説明されています。冷凍で購入すると、2羽の小さな鳥が1羽の大きな鳥よりも早く解凍します。 2羽の小さな鳥はより速く調理するので、オーブンで過ごす時間が少なくなり、肉が乾く機会が少なくなります。小さい七面鳥は若く、一般的に湿った、より柔らかい肉を持っています。 (小さいとは、体重が12ポンド以下の七面鳥を意味します。)

ああ、でもあなたは料理の詳細を意味しました。コンセンサスは、別々の焙煎鍋に別々の焙煎ラックが行く方法であるということです。誰もがそれを主張するわけではありません— レイチェルレイは同じ鍋で2つの10ポンドをローストします —しかし、それは多数意見のようです。一緒にくつろぐかどうかに関係なく、重要なのは、オーブン内で十分な熱循環を可能にするために、鳥の間に十分なスペースがあることを確認することです。焙煎の約半分、または必要に応じてもっと頻繁に、各鍋を180度回転させて、さらに調理することも問題ありません。

幸いなことに、2つの小さな七面鳥は1つの大きな七面鳥とほぼ同じ時間でローストします。たった1羽の鳥を探し始める頃に完成度のチェックを開始します。片方の鳥がもう片方より重い場合、写真判定が必要な場合は、オーブンで有利なスタートを切ることができます。または、別の料理のためにオーブンのスペースを空ける必要がある場合は、一方の鳥をもう一方の鳥より30分または45分早く開始します。それが完了すると、焼く必要がある何か他のもののための余地があります。しかし、他にあまり多くはありません。オーブンに冷たい食べ物を入れないでください。そうしないと、2羽目の鳥の調理時間が遅くなります。

2つの異なるフレーバーを提供することに関して、私の最初の提案は、2羽の鳥のローストについて今言ったすべてを無視し、そのうちの1つをグリルで行うことです。 SmokeSignalsのコラムニストであるJimShahinのバーボンブラインドスモークターキーのレシピは、いつものペースからの素晴らしい変化です。 (バーボンが気に入らない場合は、代わりにリンゴジュースを増やしてください。)または、地中海の風味でスパイスを効かせたカリフォルニアトルコについて考えてみてください。

それ以外の場合は、レシピファインダーで七面鳥のレシピを参照してください。そうすれば、群衆を魅了するのに十分なほど異なるペアを見つけることができます。例:今日の論文で取り上げたバターミルクブライニングの鳥。 2012年のホワイトハウスの饗宴からのタイムローストターキー。メープルシロップで甘くした塩水で塩漬けにした鳥。セージにキスされた七面鳥。

サンクスギビングセントラル、テクニックのフォント、レシピ、休日に関する一般的な情報を指摘しなかった場合は、ここで失礼します。また、直接のアドバイスとしては、毎週のチャットに勝るものはありません。またね!