今週のビール:ブルーマウンテンの不気味な


ブルーマウンテンの不気味な、帝国のカボチャエール。 (フリッツハーン/テキーラ)

基本的に、多くのカボチャビールは、ナツメグ、シナモン、オールスパイスを使用して、カボチャをほとんどまたはまったく使用していないという事実を隠す、カボチャスパイスラテ、パンプキンスパイスクッキー、パンプキンスパイスアイスクリームサンドイッチと何ら変わりはありません。その上、カボチャの味はとても微妙なので、カボチャのスパイスのように落ち葉やネルシャツのイメージを思い起こさせません。

バージニア州のブルーリッジ山脈にある醸造所、ブルーマウンテンのインペリアルパンプキンエールであるスプーキーには、その地獄のようなスパイスの混合物はありません。ブルーマウンテンでは、ビールの各バッチに200ポンドのカボチャのピューレを使用し、ヘブンヒルバーボン樽でカカオニブと一緒に3か月間熟成させます。 (醸造所の所有者であるテイラー・スマックは、ブルーマウンテンはもともとバージニア産のカボチャのみを使用し、10月にアフトンのタップルームで提供されるドラフト専用バージョンでも使用していると言います。しかし、ロジスティック上の理由から、ボトルのバージョンはワシントン州のカボチャで作られています。前年の収穫。)

不気味なのはとても良い、丸みのある樽熟成エールです。バーボン、ダークココア、バニラが鼻と口蓋の両方を支配し、フレーバーにはひょうたんに由来すると思われる植物のファンクが含まれています。それはすべて、長引くホップの苦味とバーボンの暖かさで終わります。



これは、秋の夜にスニフターに入れたい種類のビールです。特に、パンプキンパイのような味がまったくないためです。

-フリッツハーン

ブルーマウンテン不気味。 bluemountainbrewery.com 。 750ミリリットルのボトルあたり12ドルから13ドル。