あなたが知っておくべきアルゼンチンの赤

アルゼンチンとワインに言及すると、好奇心旺盛な人の頭に浮かぶ最初の言葉はマルベックになります。過去10年間のアルゼンチンの代表的な赤ブドウの成功は驚くべきものであり、マーケティングクラスのケーススタディになる可能性があります。アルゼンチンの米国へのワインの輸出はチリを上回っています。ブドウに依存するフランスのアペラシオンであるカオールは、ラベルにその名前を付け、そのワインをフランスのマルベックとしてブランド化することにより、フランスの慣習に逆らいました。

まあ、驚き:アルゼンチンには単なるマルベック以上のものがあります。

フィリップスep4050

アルゼンチンの赤ワインの推奨事項



新鮮でエレガントなカベルネソーヴィニヨンを考えてみてください。ふくよかな、素朴なシラー;とジューシーなボナルダ。最もエキサイティングなのは、アルゼンチンのピノノワールかもしれません。これには、ピノが良いものになるために高価である必要がないことを一度だけ証明するいくつかのおいしい例が含まれます。 (このコラムでは、トロンテスのブドウから作られた芳香のある白に部分的ですが、赤ワインに固執します。)

これらの他の品種は、アルゼンチンのアンデス山脈の丘陵地帯にある主要なワイン産地であるメンドーサのマルベックと並んで繁栄し、生産者は新しいブドウ園を植えるために高地に登り続けています。標高が高いということは、太陽が明るく、気温が低いことを意味し、ブドウが完全に熟すのを助けながら、酸性度を維持し、高糖度とその結果生じるアルコールを避けます。

アルゼンチンの多様性を理解するために、私は彼女の家族のワインメーカーであるローラカテーナに指導を求めました。 カテナザパタ メンドーサのワイナリーと著者 Vino Argentino:アルゼンチンのワインとワインの国へのインサイダーガイド (クロニクル、2010年)。

メンドーサではカベルネ・ソーヴィニヨンの可能性がたくさんあると彼女はメールで書いています。ルハン・デ・クヨの粘土質土壌では、それは豊かで密度が高く、ほとんどが暗い果実です。トゥプンガト(西の山に向かって)またはウコバレーの南部の南に行くと、涼しくなり、カベルネソーヴィヨンはより多くなります。 。 。ミント、酸味、素晴らしい密度、よりボルドースタイル。

コーヒーメーカーのレンタル

基本的な瓶詰め(24ドル)からアルタ(40ドル)まで、カテナのカベルネとワイナリーのフラッグシップであるキャブとマルベックのブレンド、ニコラスカテナザパタにいつも感銘を受けました。ハウススタイル—まあ、ある程度はナショナルスタイル—はエレガントでフレッシュで、魅力的なミントとタンニンが構造を与えていますが、果実の下ではほとんど見えません。

ボナルダはカベルネよりも広く植えられています。本当に楽しいワインだとカテナは言います。鮮やかなレッドフルーツのアロマと甘酸っぱい味わいで、トマトソースとピザのパスタに最適です。

テクニックアルテムさん

カリフォルニア大学デービス校の研究者は、ボナルダは、カリフォルニアの水差しの赤で紹介されていたチャルボノと同じブドウであると判断しましたが、現在は、それが見つかったとしても、主に高価なノワールです。幸いなことに、アルゼンチンのボナルダは手頃な価格のままです。気に入らなかったボナルダを思い出せません。現在の2つのお気に入りは、明るくジューシーなNuna Reserve 2009($ 17)と、活気に満ちた素朴なNieto Senetiner Reserva 2010($ 16)です。

カテナは、メンドーサの北東にあるラリオハで、標高6,500フィートにシラー、マルベック、プチヴェルドを植えているシラーの可能性を気に入っています。彼女はメンドーサのウコバレーで育ったルカのラベルの下で彼女のシラーで知られています。

私は、メンドーサとラリオハの間の小さな吹きさらしの地域であるサンファンのトゥルムバレーから、ロスアイロスシラーリザーブ2009に参加しました。

ああ、でもそれらのピノ。パタゴニア南部のボデガチャクラから、軽くて香り高くミネラルのあるバルダピノノワール2010を求めて急降下しました。それは私の想像力を微妙に包み込んだずる賢いワインなので、気付く前に私は恋に落ちました。サントネなどの軽いブルゴーニュに似ており、それに応じて30ドルで販売されています。バルダは私のお気に入りでしたが、ニエト・セネティナーからの素晴らしい2010年の準備金(13ドル)を含め、15ドル未満のいくつかの称賛に値するピノを見つけました。

これらの赤で、そして私たちはまだブレンドを調査していませんが、アルゼンチンの魔法の公式がマルベックに限定されていないという証拠があります。

アルゼンチンの赤ワインの推奨事項

マッキンタイアのブログ dmwineline.com 。 Twitterで彼をフォローしてください: @dmwine

オスカル2世